人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.14

入社5年目社員の本音「先輩、ちょっとトイレに…」京急電鉄・杉山誠一さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ
~京浜急行電鉄株式会社 杉山誠一さん(28才、入社5年目)~

「若い部下の考えていることがよくわからん」という管理職の声をよく耳にするが、そもそも20代の社員は何を考えているのだろうか。また若い世代にとっても、同世代がどんな状況に置かれていて、どのような仕事をしているのか気になる。そこで入社3〜5年の社員の話にじっくりと耳を傾け、彼らの本音に迫るのがこの企画だ。

第一回、登場するのは品川を起点に三浦半島の三崎口まで総距離87km。羽田空港に直行する空港線なども運行する、京浜急行電鉄株式会社の社員。鉄道本部施設部通信課の杉山誠一さん(28才)。入社5年目である。

●真逆の職場

大学で電気を学びました。研究室では導電性の新素材の素子を扱いまして。新素材をパルプに混ぜ込んだ紙を作り、太陽電池として使う研究をしましていました。大学院を卒業する段階で、勉強してきた電気が生かせて、景気の波にあまり左右されないインフラ関係と思い、鉄道会社にエントリー。私鉄の技術職は採用が少ないんですが、面接でよくしゃべったのが功を奏したのか、同期で電気関係は僕だけでした。

関連企業のホテルでの研修では、ベッドメイキングの仕事でキックリ腰になりました。電気関係の総合職は鉄道の各現場をしっかりと経験しなくてはならないということで半年間の研修の後、僕が最初に配属されたのは金沢文庫通信区でした。仕事はベージュの作業服にオレンジのヘルメットと黄色のチョッキ、安全靴で腰に道具の入った袋を下げて。線路内を歩いて信号機によじ登ったり、電車のレールを替えるポイントの点検をしました。

学生時代の研究室とは真逆の職場ですから、厳しい世界だろうと覚悟していたのです。ところが現場で働く人は僕と同年輩が多くて、休憩時間の雑談の話題もアイドルのこととか、スマホのこととか、学生時代とほとんど変わらない。先輩には敬語で接しますが、フランクに話ができる雰囲気でした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ