人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.01

上司があなただけを厳しく叱り続ける理由

■連載/あるあるビジネス処方箋

 上司があなたにだけ、厳しく叱るときは部下として警戒をしたほうがいい。それは「指導」や「育成」とは言えないかもしれない。本来、管理職が部下を持つ以上、すべての部下に公平に接するべきだ。ところが、それをしようとしない。

 私が読むビジネス書やビジネス雑誌には、上司がひとりの部下を狙い打ちにして叱るようなことは、ほとんど書かれていない。しかし、私の会社員の頃を振り返っても、取材で様々な会社に出入りしても、こういう上司は少なからずいる。

 今回は、ひとりの部下を集中的に厳しく叱る上司の真意とその対策を紹介しよう。

■叱りやすい

 上司があなただけに厳しく叱るならば、つまりは、あなたは叱りやすいからだ。あなたが社長の息子であったり、大株主の娘ならば、上司が厳しく叱る可能性は低い。多少の注意指導をするとしても、叱責することはまずないだろう。あなたが労働組合の委員長で、人事の課長・部長、担当役員などと労使交渉を通じて密な話し合いをする関係ならば、上司は激しく怒ることはしないに違いない。上司は部下の背景をみて、計算をしたうえで叱るのだ。

 上司は自分よりも立場が強い人などと摩擦を起こしたくないのだ。上司が公平な感覚をもっていたとしても、会社という組織の中で生きる以上、それを職場で実行できるかどうかは、疑わしい。部下としては、上司に必要以上に期待しないことが必要だ。

■特別の意図をもっている

 自分だけが叱られるのはなぜだろうと悩んでいるならば、それは上司の思うツボかもしれない。上司が、本当にあなただけを叱るならば、特別の意図があるのかもしれない。たとえば、ほかの部署へ追い出してやろうとか、辞めるように仕向けてやろうという思いだ。間違っても、あなたに期待し、育てようとしているとは思わないことだ。

 私が労働組合ユニオンに取材で行くと、相談に来た会社員が労組の役員に話すことがある。「上司から厳しく叱られていたのは、期待されていたからだと思う」。このような会社員は、現実を現実として受け入れることができていないのではないか、と私は思う。上司が厳しく接していたのは、そのときすでにこの社員を追い出そうとしていたかもしれない。ひとりの部下にだけに厳しい上司は、常識的に考えると、特別の意図をもっているととらえるのが妥当なのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。