人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.15

東武に12年ぶりに登場した新駅「東武ワールドスクウェア駅」ってどんな駅?


東武ワールドスクウェア駅は、9時18分から18時18分までの時間帯に限り、特急〈きぬがわ5・4号〉を除くすべての列車が停まる。

東武鉄道は創立120周年を迎え、500系Revatyや70000系のデビュー、SL復活など、例年以上に話題が多い。2017年7月22日に、東武鉄道では2005年8月24日の流山おおたかの森駅以来、12年ぶりに開業した東武ワールドスクウェア駅もそのひとつ。栃木県日光市鬼怒川温泉大原にある同名のテーマパークの最寄り駅である。

以降、東武ワールドスクウェア駅を「新駅」、東武ワールドスクウェアを「テーマパーク」と表記する。


東武鉄道ホームページより

■テーマパークの最寄り駅 

テーマパークは、1993年4月24日に開園。最寄り駅は鬼怒川線の小佐越駅から徒歩(約8分)、もしくは鬼怒川温泉駅から路線バス利用(約5分、大人運賃210円)で、利便性については“微妙”といえた。


テーマパークと新駅は目と鼻の先。

東武鉄道は2016年11月25日、日光・鬼怒川地区の観光地としての回遊性を高め、利便性向上を図るべく、テーマパーク入口付近に新駅の建設を発表していた。


特急が停まれるよう、ホームの有効長は6両編成分を確保。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ