小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブルトレブーム世代の夢が叶う!国鉄時代の電気機関車『EF63』の運転に乗ってみた

2017.05.29

 そこで今回、筆者積年の念願がかない、同乗運転となったわけだ。本当は運転そのものをしたかったのだが、講習を受けてからでないと資格がない。特別に運転体験者に同乗させてもらったのだ。

 向かって右側に立たれているのが、運転体験者の茅野さん。東京・葛飾で開業される現役のお医者さんである。茅野さんは2年前に鉄道の運転体験がしたくて探したところ、いすみ鉄道と同施設が候補となり、新幹線を利用すれば比較的近いこともあり、ロクサンの運転体験に参加されたという。

 以来、延べ108回の運転体験をこなされた。61歳になられる茅野さんもまた、子供の頃からの鉄道ファン。若い頃は周遊券で全国の鉄道の旅をしたという。

 左側が指導をされている武井俊明さん。昭和42年(1967年)3月に国鉄へ入社され、横川機関区へ配属。昭和44年(1969年)10月に機関助士となり、その後、高崎機関区を経て昭和48年(1973年)7月に機関士として横川機関区に配属されたという。50年あまりもロクサンと関わってきた、超ベテラン機関士だ。

 碓氷峠で一番気をつかったのが、489系特急「能登」12両フル編成を併結するときだったという。また、同地は霧が発生しやすく、神経を使ったとのことだ。碓氷峠廃線後は高崎運輸区に務め、2008年に引退された。EF58形の重連でオリエントエクスプレスを運転したり、機関車だけではなくE231系も運転されたという。

 とうとう、筆者がロクサンへ同乗する時が来た! 今回はEF63 24に乗せていただくこととなった。同機が乗車場に入線してくる! 小学生の頃の憧れが、現実になろうとしているのだ!!

 運転体験者の茅野さんはベテランのため、車両の連結の体験もできる。相手はなんと! 国鉄ヨ8000形貨車なのだ!!

 昭和49年(1974年)から昭和54年(1979年)まで製造された国鉄の事業用貨車で、主に車掌車として利用された。あぁ、懐かしい!


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。