人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.28

彼女とのLINEが面倒な時の対処法

LINEを返信することが面倒なときは、誰にでもあると思います。彼女から連絡が来たら嬉しいはずなのに、疲れているときは「読まないといけない」「返信しないといけない」と業務のように感じてしまうことも。そんなときのために、簡単な返信方法や、LINEが来る回数を減らす方法を紹介します。

■長い文章を書けないときは、スタンプを1つ送る

彼女からLINEがくると、つい内容を確認したくなり、既読をつけてしまうことがあります。このようなときは、正直に「忙しい」と言うか、忙しいことを表すLINEスタンプを1つ送っておくと相手に伝わります。なにも送れないときは、はじめから既読をつけないのがベストです。

「LINEの返事ができない場合は、忙しい様子を表すスタンプを送ってくれたらわかります」(20代女性)

「忙しくてもその日の夜には返信できると思います。その日のうちに「忙しかった、ごめん」「しばらくは返信できない」などと言ってほしいです」(30代・女性)

■「かまってほしい」「さみしい」と言われたら、写真を送る

今すぐ寝たいときに「かまってほしい」「さみしい」と言われたら、うんざりするかもしれません。そんなときに短時間で彼女を満足させるためには、写真を送るのがオススメです。文字やスタンプを少し送るより、心のこもった返信だと感じてもらいやすいです。

旅行中であれば、景色や食べ物の写真。家にいるときは、現在の状況がわかる写真がオススメです。彼女との親密度によっては、変顔写真もアリです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。