小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ボルボ『V40 T3』VS スバル『インプレッサ スポーツ』最高レベルの安全性能を誇るハッチバック対決

2017.04.26

《モダンで洗練された『V40』と実用性重視の『インプレッサ』》

◎ボルボ『V40 T3』

■エンジンルーム

ボルボ『V40 T3』エンジン

最近のトレンドなのか、エンジンルームはカバーに隠れ、エンジン本体は見えない設計。直列4気筒の1.5Lエンジンはフロントに横置きされている。

■運転席と各種装備

ボルボ『V40 T3』運転席

センターのナビ画面までドライバーズエリアにしたインパネ。モードを切り替えるとメーターパネル内の計器類の表示と色が変わる。

■シートスペース

ボルボ『V40 T3』シート

淡色系の色使いは北欧デザインの特徴。アイボリーとこげ茶色の組み合わせが絶妙でシックな印象。ほかにブロンドも用意されている。

■ラゲージスペース

ボルボ『V40 T3』ラゲージ

奥行き、左右幅、トノカバーまでの高さなど、広さでは『インプレッサ』に劣る。ゲートもやや重め。開口部も地面から770mmとやや高めだ。

◎スバル『インプレッサ スポーツ』

■エンジンルーム

スバル『インプレッサ スポーツ』エンジン

いかにもスバルらしい、実直で飾り気のないエンジンルーム。水平対向エンジンは低い位置に搭載されており、安定感のある走りに貢献している。

■運転席と各種装備

スバル『インプレッサ スポーツ』運転席

インパネは右、左、中央と独立した特徴的なデザイン。室内は黒を中心とした地味な色使い。〝質実剛堅〟という言葉がピッタリのインテリアだ。

■シートスペース

スバル『インプレッサ スポーツ』シート

シートスライドやリクライニングなどの操作は運転席、助手席ともに電動式。ボルボは運転席は電動だが、助手席は手動となっている。

■ラゲージスペース

スバル『インプレッサ スポーツ』ラゲージ

ボルボよりも広くて大きなラゲージスペース。背もたれを倒すと床面は段差が生まれるが、補助的なボードで補える工夫が日本車らしい。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。