小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型『SUBARU XV』買うなら1.6ℓか、それとも2.0ℓか?

2017.04.24

で、1.6Lか2Lかだが、ほとんど街乗りというなら1.6i-Lアイサイトでも十分満足できると思えるが、XVが本領を発揮するアウトドアやウインタースポーツを楽しむべく全天候下、路面を問わないロングドライブの機会が多いというなら、より快適で上質な走りが味わえる2Lを推す。車内の静粛性に貢献する遮音ガラス、左右独立温度調整フルオートエアコンが備わり、シートにおしゃれなオレンジステッチが施されるのは2Lモデルのみだからでもある。

スバルXV試乗レポ2 スバルXV試乗レポ2

2.0i-Lと2.0i-Sはタイヤサイズ(17/18インチ)、パワーシート、LEDランプの標準化の有無、アルミペダルの装備などが異なり、価格差は19万4400円。もっとも高価な2.0i-Sでも267.84万円だから、魅力的すぎる戦略的価格設定としか言いようがない。

スバルXV試乗レポ2 スバルXV試乗レポ2

そうそう、新型スバルXVのラゲッジルームはインプレッサスポーツと同一だが、ハッチバックモデルとして容量、特に高さ方向のゆとりたっぷり。例えばゴルフバッグ3セットが積載でき、後席を倒したときのフロアの広さはワゴン並みで、中大型犬用のクレートが余裕で入るスペースだ(フロア幅1090mm、通常奥行820mm、後席格納時奥行1390mm、高さ最低777mm)。

スバルXV試乗レポ2 スバルXV試乗レポ2

スバルXV試乗レポ2

もちろん歩行者用エアバッグやアイサイトver.3を含む先進安全装備も満載。つまり、新型スバルXVは手頃なサイズのオールマイティな本格クロスオーバーSUV。人や荷物はもちろん、ペットを乗せて天候、路面を問わずドライブを安全快適に楽しめる最高の1台なのである。

スバルXV試乗レポ2

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。