人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.25

電気ブラン、ホッピー、ホイス、東京生まれ下町育ちの酒が堪能できる店3選

 東京スカイツリーの開業以降、注目が集まっている東京の下町。台東区浅草などで昔から飲まれている〝東京生まれ〟のお酒を求めて、下町を散策する人も増えている。まず訪れたいのは、浅草の『神谷バー』。ここを代表するお酒といえば、創業者・神谷傳兵衛が作った「電気ブラン」だ。ブランデーにワイン、ジンなどをブレンドしたアルコール度数40%のリキュールで、〝ビリリッ〟と舌を刺激するワイルドなお酒である。現在の電気ブランの製造販売元・オエノングループ合同酒精によると、「東京スカイツリー効果で、『電気ブラン』の販売数量は数倍に伸びており、浅草界隈の観光客も増え、下町のお土産としての需要も増えています」という。

 浅草にある『鈴芳』は、ビールテースト飲料「ホッピー」の樽生が飲めるお店だ。ビール同様ホッピーも〝生〟のほうが新鮮で旨い!そして、最後は墨田区曳舟の『サカイ鳥之助』。ここでは幻の酒「ホイス」と出会える。薬草を使用していて、ほんのりハーブっぽい風味が特徴。これが焼酎とソーダで割ると飲みやすく、肉料理との相性がバツグンだ。東京スカイツリー観光のあとは、東京ならではの美酒に酔ってみてはいかが?

【電気ブラン】

ビールをチェイサー代わりに飲むのが〝粋〟な飲み方!

製造当時からの秘伝のブレンドを継承。通は、電気ブランをストレートで飲み、ビールでその度数を和らげる。そのほか「電気ブランサワー」などのアレンジカクテルもある。電気ブラン〈オールド〉。

〝庶民の社交場〟として明治13年に浅草に誕生。電気ブランは太宰治『人間失格』など、多くの文学作品にも登場する。

「神谷バー」

東京都台東区浅草1-1-1  電話:03・3841・5400 営業1:30~22:00  休日:火曜 www.kamiya-bar.com/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。