人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.06

中小企業に生意気な20代社員が多いワケ

■連載/あるあるビジネス処方箋

なぜ、中小企業の20代は生意気なのか?

 20代の社員と取材などで接すると、発言や行動が大胆だと思うことが多い。

 上司や先輩、組織のしがらみや秩序に影響をあまり受けていない、と私は感じる。少なくとも、大企業の20代の社員よりは、伸び伸びとした雰囲気を漂わせる人が多い。それが時折、「生意気な印象」を与えることになる場合もある。

 今回は、中小企業では、なぜ、そのような20代社員がいるのかを、私のこれまでの取材経験をもとに考えたい。

■役員や管理職が強く言えない

 中小企業の場合、オーナーの社長などは強い権限を持ち、社員たちを引っ張ることが多い。リーダーシップが強すぎるあまり、役員や管理職が委縮し、言いたいことを言えない空気がある。部下のミスを指摘したり、叱ったりすることすらできない場合もある。社長の顔色をうかがっているからだ。ましてや、社長が20代の社員を甘やかりしたり、過保護にしたりすると、役員や管理職は20代の社員に厳しく接することができない。

■30代の社員がいない

 中小企業は、新卒採用を20~30年と続けることができない。おのずと世代により、社員の数に違いが出てくる。特に目立つのが、20代の社員はいるのだが、30代の社員が少なく、40~50代が多いパターンだ。30代が少ないのは、賃金などが20代の頃とさほど変わらず、不満を抱え、辞めていく人が多いためである。

 20代の社員からすると、30代の社員が少ないのは、精神的な負担が軽くなる。先輩風を吹かし、抑えつける社員がいないからだ。

■30代はフル稼働

 中小企業では、30代の社員がいたとしても、20代に厳しく言えない。そのような心や時間の余裕がないからだ。大企業に比べると、30代の社員は仕事の量が多く、フル稼働になる可能性が高い。仕事をきちんと分担できる体制にはなっていない。

 20代の社員のレベルは概して低い。新卒採用の倍率が低く、優秀な人はなかなか入ってこない。40~50代の社員の中には、ぶらさがり体質の人が多い。いびつな職場で貧乏くじをひくのは、勤勉で、誠実に仕事に取り組む30代の社員である。甘い蜜を吸うのは、甘やかされる20代になる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。