人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.02

軽のノウハウを注入した下克上的コンパクト、ダイハツ『トール』とトヨタ『ルーミー/タンク』

トール×スリム×スライドドアに軽のノウハウを注入する下克上的コンパクト

コンパクトカーはサイズ的に扱いやすく、燃費もいいけれど、後席のゆとり、特にアウトドア派にとっての大きな荷物の積載性に不満がある・・・そんな悩みを一気に解決してくれたコンパクトカーが登場した。

トール×スリム×スライドドアに軽のノウハウを注入する下克上的コンパクト

それがダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー/タンク。ダイハツが企画・開発・生産を担い、トヨタ、スバル(復活したジャスティ)に供給する、ブーン・パッソをベースに1735mmの全高と両側スライドドアを与えた背高容量系コンパクト。

トール×スリム×スライドドアに軽のノウハウを注入する下克上的コンパクト トール×スリム×スライドドアに軽のノウハウを注入する下克上的コンパクト

最大の売りはダイハツ軽のノウハウを盛り込んだところにある。つまり、限られた寸法の軽自動車はあくまでキャビン最優先。そうするとラゲッジの奥行き=容量が限られてしまうのだが、後席分割&240mmスライド機構で、後席居住空間とラゲッジ容量を自在に可変できる“魔法の”パッケージングを実現している。2~3名乗車なら、後席すべて、あるいは分割できる後席のどちらかを前方スライドさせることで十二分なラゲッジ容量を確保できるから万能である。

トール×スリム×スライドドアに軽のノウハウを注入する下克上的コンパクト

ダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー/タンクは狭い道もスイスイ走れる全幅1670mmという、一般的なコンパクトカーの5ナンバー枠にギリギリ収まる1695mmよりナローな車幅を採用しつつ、車中泊OK、26インチの自転車2台の積載OKという驚異的な車内空間を創出。これこそが軽自動車で培ってきたダイハツの下克上的ノウハウでもある。

トール×スリム×スライドドアに軽のノウハウを注入する下克上的コンパクト

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ