人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.30

滋賀県民のための文具を発見!琵琶湖の形がすらすら描ける定規「びわこテンプレート」

滋賀県民には、大きな弱点がある。

琵琶湖の正確な全体図が描けないのだ。

そんなバカな、と思うかもしれない。

滋賀県にすっぽり琵琶湖が収まっている、というかむしろ琵琶湖のフチにへばりついている土地が滋賀県、というぐらいである。県民の琵琶湖愛は半端なものではない。

なのに、ちゃんと琵琶湖が描けないのである。

比叡山から見た琵琶湖。湖南端のほんの切れ端ぐらいでこれぐらいの大きさ。
比叡山から見た琵琶湖。湖南端のほんの切れ端ぐらいでこれぐらいの大きさ。

なぜか?それは琵琶湖が巨大すぎるのだ。

なんせ全周約250km。でかい。直線距離にして東京・浜松間ぐらいだ。

それだけ大きいと、自分の暮らしている生活範囲の中の、琵琶湖のごく一部分しか把握できない。湖北の人と湖南の人では、知ってる琵琶湖がそもそも違うのだ。あと、滋賀県内に住む限り、地図でも案内表記でも、小学生の教科書でだって、とにかく至る所で琵琶湖の全体図を目にすることになる。

で、それほど大量に見て慣れてしまうと、詳細にそれを記憶しようとは思わなくなるのではないか。だいたい憶えているからいいや、と漠然レベルで憶えることを止めてしまうのだ。

筆者(小学1年から15年間滋賀在住経験有り)の記憶スケッチ。意外と描けたつもりだったが、答え合わせして深く落ち込む。
筆者(小学1年から15年間滋賀在住経験有り)の記憶スケッチ。意外と描けたつもりだったが、答え合わせして深く落ち込む。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ