小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

えっ、これ水筒なの!?鞄やポケットにスリムに収まる本型の水筒『memobottle』

2016.05.18

■細かいところにもこだわりを感じるデザイン

『memobottle』自体はシンプルな製品なので、デザインも自ずとシンプルなものとなる。本体の表面上部には「A6」とこの製品のサイズを表す文字が、表面下部には製品名である「memobottle」の文字が浮き彫りにされている。

鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』 鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』

ところでこの製品、もう1か所、製品名が隠れているのだがどこにあるかお判りだろうか?

正解は…蓋の内側である。

鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』

「なんでこんなところに?」と気づいた瞬間は笑ってしまったのだが、こういう趣向はこの製品の特別感を感じさせてくれるので私は大好きだ。ちなみにこの製品、口の口径は一般的なペットボトルとは異なるので、ペットボトルの蓋を代用することはできない。蓋はくれぐれも無くさないようにして欲しい。この蓋、購入するとブラックとホワイト2つの蓋が付いてくるのも嬉しい配慮だ。

鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』

本体が透明のため、どちらの蓋もしっくりので単純に好みで選べばよいだろう。私としては蓋も透明にして欲しかった、という感想はあるのだが、そこに感じる不満はごく些細なものだ。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。