人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

えっ、これ水筒なの!?鞄やポケットにスリムに収まる本型の水筒『memobottle』

2016.05.18

ここからは『memobottle』本体の紹介だ。写真は液体を入れた状態だが、ただ液体を入れただけなのに様になるというか、何か特別な液体が入っているのはないかと錯覚してしまう。

鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』

中身をよりよく見える容器という点では、もしかすると香水のボトルが近いのかもしれない。大きさの比較のために『iPhone 6s』と並べてみた。

鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』

今回私が購入したのはいくつかあるサイズのうち「A6」サイズにあたるもの。もちろん『iPhone 6s』よりは一回りサイズは大きいのだが、それでも一緒に持ち歩いても違和感のないレベルだ。文庫本と『memobottle』だけ持って出かけるなら余計に違和感はなさそうだ。厚みについては『iPhone 6s』の約2倍といったところ。

鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』

一般的な水筒と比べて格段に薄いことが分かるだろう。使用してみて気がついたのだが、A6サイズというのは非常に使い勝手が良い。片手でしっかり掴むことができるので煩わしさを感じることも、落とす心配をすることもない。

鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』

実際に使用する際は写真のように本体を指で挟んで持つわけだが、厚みが少ないのでこの時も、何の煩わしさを感じることもない。

鞄やポケットの中にまでスリムに収まる本型水筒『memobottle』

水筒を使用するシーンとしてはこれまでにない感覚だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。