人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

『YAMAKASI』によって生み出された話題のエクササイズ「パルクール」体験レポ

2018.04.07

■お次はバランストレーニング

お次はバランストレーニング

 平均台の要領で、バーの上を歩く。

 高さ、太さの異なるバーがあり、太いバーは目をつぶって歩く。視覚に頼れないので自分の中の感覚に集中する必要があり、バランス感覚を養うのに役立つそうだ。

 最初はグラつく参加者もいたが、慣れれば多くの人が問題なく渡れるようになるようで、筆者も余裕を持ってクリアできた。

《佐藤コーチのワンポイントアドバイス》
・進行方向に対して足をまっすぐにし、接地面を増やす

■バーの上でモンキーウオーク

バーの上でモンキーウォーク

 ウオーミングアップで行なったモンキーウオークでバーの上を歩く。

 写真を見た感じ、どうだろう? 簡単そうに見えないだろうか?

 筆者は佐藤コーチのデモンストレーションを見たとき、足だけで歩くよりも接地面が増えている分、簡単なのではと思った。そして何より、実はバランスにはちょっと自信があったので、この一連のバランス系メニューは大体楽勝だとも思っていた。

 しかしこれが難しい!

 膝がバーより下にくるぐらいまで腰を落とすと難易度が下がるらしいのだが、それでもうまくバランスがとれない。どうやらヤジロベーのように両手でバランスをとることができないというのは、想像以上に影響が大きいようである。まったく出来ない、というほどではないのだが、立った状態に比べて渡り切れる確率はぐんと下がった。

《佐藤コーチのワンポイントアドバイス》
・腰を落とすと安定しやすい

■バーの上でしゃがむ→立ち上がる

バーの上でしゃがむ→立ち上がる バーの上でしゃがむ→立ち上がる

 立ち上がるだけなら勢いで出来てしまうのだが、バランスを保って姿勢をキープするとなると難しい。モンキーウォークは左右にグラつくが、こちらは前後のバランス。同じバランスでも得手不得手があるようで、モンキーウオークでは苦戦したのにこちらではすぐにスッと立てるという参加者もいた。

《佐藤コーチのワンポイントアドバイス》
・剣道で立ち上がるときのイメージで、まっすぐスッと立つ

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。