人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【開発秘話】4年で売上7倍!キッコーマンのしょうゆ『いつでも新鮮』

2016.01.27

■連載/ヒット商品開発秘話

 日本でしょうゆをつくっている会社は1300にものぼると言われている。しょうゆは、あるブランドを一度使い続けると別のブランドへの変更が起きにくいことから、ユーザーを一度つかめば長いこと支持されるが、その反面、大きなヒットが生まれにくいところがある。

 このような商品特性の中で大ヒットしているしょうゆが、キッコーマン食品の『いつでも新鮮』シリーズである。2010年9月に発売された『いつでも新鮮』シリーズの特徴は、しょうゆは通すが空気は通らないパーツを導入した容器を採用し、開封から90日間は常温保存できること。現在、200ml、450ml、330ml入りボトルで展開し、〈しぼりたて生しょうゆ〉〈しぼりたて丸大豆生しょうゆ〉〈塩分ひかえめ丸大豆生しょうゆ〉といったしょうゆのほか、しょうゆ以外の〈だし香る贅沢つゆ〉〈旨みまろやかだし入りぽんず〉なども発売している。2011年度11億円、12年度22億円、13年度45億円、14年度66億円と売り上げ、15年度も80億円以上になると言われているが、なぜこれほどまで売れているのであろうか? その理由を探ってみよう。

キッコーマン食品『いつでも新鮮』

キッコーマン食品『いつでも新鮮』

キッコーマン食品『いつでも新鮮』

■一番美味しいしょうゆを10年以上かけて開発した容器に

「もともと、しょうゆの鮮度を少しでも保てる容器を世に出したいと考え、発売の10年以上も前から研究開発を進めていました。そして、この容器の中身はペットボトルで売っているものと同じではなく、鮮度を保つ意味があるものにすることにしました」

 開発の経緯をこのように語るのは、『いつでも新鮮』シリーズを担当するプロダクト・マネジャー室しょうゆ・みりんグループの井上美香さん。鮮度を保つ意味があるものとしてまず選ばれたのが、生しょうゆであった。

井上さん
キッコーマン食品
プロダクト・マネジャー室
しょうゆ・みりんグループ
井上美香さん

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。