小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「仕事のやりがい」と「普段の生活」若年層が本当に優先したいのはどっち?

2024.05.15

大学生の就職活動が本格化しきた。新卒の売り手市場が長く続いているが、「若年層の働き方に関する意識」はどうなっているのだろうか。

BIGLOBEは、「あしたメディア by BIGLOBE」にて、全国の18歳から69歳の男女1,000人を対象に「若年層の働き方に関する意識調査」を実施したので、結果をお伝えしよう。

出世願望が一番強いのは24歳までの若年層!仕事よりも生活を重視したいのは全世代共通

全国の18歳から69歳までの男女1,000人に、働き方に関して複数の質問を行った(現在働いていない人も、自身の意識としてあてはまるものを回答)。

「出世」については、「出世したい」と回答した人は18歳から24歳の若年層では、「あてはまる」(20.9%)、「ややあてはまる」(34%)をあわせ54.9%と半数を超えていた。

若年層の2人に1人は「出世したい」と思っており、若年層の方が上の年代と比べ出世願望が強いことが明らかに。

18歳から24歳までの回答を、18歳から19歳(100人)・20歳から24歳(250人)・各男女別にみると、より若い10代の出世願望が強く、10代は男性も女性も6割を超える人が「出世したい」と思っている結果となった。

働き方に関して複数の質問を行った(現在働いていない人も、自身の意識としてあてはまるものを回答)。

「仕事のやりがい」と「普段の生活」については、「仕事のやりがいよりも普段の生活を重視したい」と回答した人は「あてはまる」、「ややあてはまる」をあわせ、全ての年代で7割を超える結果に。

働き方に関して複数の質問を行った(現在働いていない人も、自身の意識としてあてはまるものを回答)。

「在宅勤務ができる会社で働きたい」と回答した人は18歳から24歳の若年層では、「あてはまる」(32.6%)、「ややあてはまる」(40.3%)をあわせ72.9%にのぼった。

2023年5月に新型コロナウイルス感染症は感染症法上の5類に移行されたが、若い世代の方が「在宅勤務ができる会社で働きたい」という人が多い結果に。

また、転勤や単身赴任制度を見直す企業がある中、「転勤がある会社では働きたくない」と回答した人は、「あてはまる」、「ややあてはまる」をあわせ、全年代で6割を超える結果に。18歳から24歳の若年層では、71.4%となった。

調査概要
調査名:「あしたメディア by BIGLOBE」若年層の働き方に関する意識調査
調査対象:全国の18歳から69歳までの男女1,000人
(18歳から24歳までの男女350人、25歳から29歳までの男女250人、30歳から69歳の男女400人の合計1,000人)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2024年3月19日~3月22日
※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がある。
※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標。

関連情報
https://www.biglobe.co.jp/research

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。