小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2023年度に過去最多を更新した人手不足倒産、建設業と物流業で全体の4割超を占める

2024.04.25

帝国データバンクでは、近年問題視されている従業員の退職や採用難、人件費高騰などに起因する「人手不足倒産」に関する調査を実施。結果をグラフと図表にまとめて発表した。

人手不足倒産とは、法的整理(倒産)となった企業のうち、従業員の離職や採用難等により人手を確保できなかったことが要因となった倒産のこと。

2023年度に313件発生し過去最多を更新。特に直近3月は49件と、月次ベースで最も多い件数となった。

急増した人手不足倒産、新型コロナ拡大前の水準を大きく上回る

2023年度の人手不足倒産は313件となり、前年度の146件から倍増。統計として遡れる2013年度以降でこれまで最も多かった。新型コロナ感染拡大前である2019年度の199件を大きく上回り、過去最多を大幅に更新した。

全313件のうち4社に3社にあたる232件が従業員「10人未満」の小規模事業者だった。従業員の退職によって代替人材を補填できないことや、資格を持つキーマンの不在などによって従来の業務が困難となる。外注依存が高まり収益が圧迫され、資金繰りに支障が出るケースも多い。

業歴別では、創業・設立から「30年以上」の企業が119件で、全体の4割を占める。なかには業歴100年以上の老舗も含まれていた。

この4月は、時間外労働の新たな上限規制が適用されることで、人手不足による機能不全が懸念される「2024年問題」に注目が集まる。その対象業種である建設業は94件、物流業は46件とそれぞれ過去最多となり、既に事態は深刻。社会インフラとして欠かせない両業種は、人材募集や生産性向上など早急な対策を迫られている。

■建設・物流業、コスト高騰や不十分な価格転嫁が賃上げの足かせに

懸念されてきた「2024年問題」が到来した。労働環境の改善に向けて長時間労働を是正し、働きやすい職場を整えるものだが、従業員の増員が難しいなかで生産性向上などに対応しきれず労働時間が削られれば、人手不足は一層の深刻化が予想される。

足元では建設・物流業の人手不足割合は7割前後で推移し、全体(52.4%)を大きく上回る。人手不足感が高止まりし、緩和する兆しは見られない状況下で、時間外労働の上限規制がスタートしたことを踏まえると、人手不足倒産は今後も過去最多を更新する可能性がある。

関連情報
https://www.tdb.co.jp/index.html

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。