小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「いってらっしゃい」は目上の相手に使ってもいい言葉?

2024.05.20

「いってらっしゃい」という言葉を上司にかけても問題がないか、気になったことがある方もいるのではないでしょうか。

敬語表現ではあるものの、ややカジュアルな印象を与える可能性があります。今回は「いってらっしゃい」を使用する際の注意点や、言い換え表現を解説します。

「いってらっしゃい」の意味

「いってらっしゃい」は、外出する相手を送り出すときの挨拶で、「安全に外出して、無事に戻ってください」という意味で使われます。「行っていらっしゃい」が略された感動詞であり、その言葉だけで意味が成立する自立語の一つです。

「行っていらっしゃい」は、「行く」という意味がある「いって」と、「来る」という意味の「いらっしゃい」の組み合わせによって成り立っています。

参考:デジタル大辞泉

「いってらっしゃい」は敬語表現として正しい

「いってらっしゃい」は、敬語表現として正しく、見送りの挨拶としても定着しています。しかし中には、目上の相手に使ったら失礼になるのではないかと心配する方もいるでしょう。

しかし、略す前の言葉である「行っていらっしゃい」の「いらっしゃる」は、「来る」の尊敬語であるため、「いってらっしゃい」は敬語表現にあたることを知っておきましょう。

「いってらっしゃい」を使う際の注意点

「いってらっしゃい」は、家族や友達に対しても広く使われる言葉です。そのため、たとえ正しい敬語表現であっても、ビジネスシーンで使うとカジュアル感が強いのではないかと懸念する方もいるでしょう。

その場合は、「いってらっしゃいませ」と言い換えることをおすすめします。それにより、より丁寧な印象を与えられるでしょう。「ませ」は丁寧な気持ちを表す助動詞「ます」の命令形で、相手にある動作を要求する意味を表します。

「ませ」を使った言葉としては、「いらっしゃいませ」のほかに「ごめんくださいませ」「お帰りなさいませ」などがあります。状況によってはやや気取った印象を与える可能性があるため、シーンによって使い分けるとよいでしょう。

ビジネスにおける「いってらっしゃい」の使い方

「いってらっしゃい」は相手を問わず、広く使える言葉です。相手によって、若干伝え方を変えることで、相手の立場が上の場合でも自然なやり取りが成立します。ここからは、「同僚」「上司」「お客様」に対して「いってらっしゃい」を使う際のポイントと、例文をご紹介します。

同僚に対する「いってらっしゃい」

同僚や部下に対しては、フランクな声がけができるでしょう。例えば、以下のように使います。

・(一時的な外出に対して)雨が降ってきているので、気をつけていってらっしゃい

・今日は天気が良く、イベントの集客が見込めそうですね。いってらっしゃい

・〇〇さん、今日のプレゼンを応援しています。いってらっしゃい

・〇〇さん、新しいチームでの初仕事、頑張ってくださいね。いってらっしゃい

上司に対する「いってらっしゃい」

上司をはじめとする目上の方に対して、「いってらっしゃい」と声がけするのをためらってしまうような場合は、「いってらっしゃいませ」と言い換えるとよいでしょう。例文をいくつかご紹介します。

・(出張に出る上司に対して)気をつけていってらっしゃいませ

・部長、プロジェクトの成功をお祈りしています。いってらっしゃいませ

・お客様との商談、良い結果になるとよいですね。いってらっしゃいませ

お客様に対する「いってらっしゃい」

接客業などでお客様に対して「いってらっしゃい」を使う際は、上司に対しての使い方と同じように「いってらっしゃいませ」と言い換えると丁寧な印象になります。以下の例文をご確認ください。

・このたびはご利用いただき、誠にありがとうございます。どうぞ気をつけていってらっしゃいませ

・本日はお足元の悪い中、ご来店いただきありがとうございました。お帰りの道もお気をつけて。いってらっしゃいませ

「いってらっしゃい」の言い換え表現

「いってらっしゃい」の言い換え表現としては、「どうぞお気をつけて」などが挙げられます。

「お気をつけて」は、単独で成立する挨拶言葉ですが、これだけだとややカジュアルな印象になるため、気になる場合は「どうぞ」をつけるとよいでしょう。より丁寧に伝えられます。

また、「いってらっしゃいませ」の前に「お気をつけて」をつけることで、さらに丁寧な印象にすることが可能です。

ビジネスにおける「ただいま」「おかえり」の使い方

「いってらっしゃい」という言葉で送り出されて帰ってきたときは、「ただいま」と伝えるのが一般的です。また、戻ってきた相手を迎える際は「おかえり」と伝えます。

ここからは、ビジネスシーンではそれぞれの言葉をどのように表現するのが自然であるか、解説します。

「ただいま」の使い方

外回りから帰社した際に、ただ「ただいま」というのは、まるで自宅に帰宅したようで違和感があるでしょう。

この場合は、「ただいま戻りました」と表現します。もともと、「ただいま」は「ただいま帰りました」の略語であることからも、ビジネスシーンでは略さず使うとよいでしょう。

「おかえり」の使い方

出先から戻ってきた相手に対しては、「おかえりなさい」と迎え入れましょう。

目上の方に対しては、「おかえりなさいませ」と伝えると、さらに丁寧な印象になります。さらに、「おかえりなさい。取引先訪問、お疲れさまでした」などと一言を加えると、相手を労う気持ちを伝えられるでしょう。

「いってらっしゃい」は正しい敬語表現

「いってらっしゃい」は正しい敬語表現であるため、ビジネスシーンで目上の方に使っても問題ありません。

しかし、家族や友達にも使える言葉であるためフランク過ぎると感じる場合は、「いってらっしゃいませ」と伝えることで、丁寧な印象を与えられます。また、「いってらっしゃい」をほかの言葉で言い換える際は、「どうぞお気をつけて」を使いましょう。

「いってらっしゃい」という言葉で送り出されて帰った際は、「ただいま戻りました」と伝えるのが一般的です。戻ってきた相手を迎え入れる側は「おかえりなさい」もしくは「おかえりなさいませ」と声をかけます。

人間関係を良好に保つために、状況に応じた気持ちの良い挨拶をするように心がけましょう。

構成/橘 真咲

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。