小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スーパーで立ち飲みできる!?ブレーク直前とウワサの「スーパー角打ち」で呑んでみた

2024.04.25

主婦の主戦場・スーパーが、男性や若者向けにシフト!?

物価上昇による買い控えに対抗すべく、これまで主婦の主戦場だったスーパーに男性や学生も呼び寄せようと、大小スーパーがさまざまな策を練っている(関連記事:「50周年を迎えたイオンのPB「トップバリュ」がZ世代向け商品を強化する理由」。

そんな中、注目されているのが、“スーパー角打ち(かくうち)”。角打ちとは、酒屋で購入した酒を店内でそのまま飲むスタイル。この「酒屋」をスーパーマーケットに置き換えたのが「スーパー角打ち」だ。

全国的に有名なのは、ゲソ天が地元グルメとして大人気の山形県のスーパー「エンドー」。筆者もいつか行ってみたいと憧れていたが、最近、近所にあ鮮魚スーパー「漁港問屋 早鈴直売所」(横浜市港北区)が角打ちスタイルの居酒屋を始めていることに気づいた(昼しか買い物をしないので、気づかなかった)。何度か入ろうとしたが、小さな店なのでいつ行っても満員で入れない。オープンと同時に入ってやっと飲むことができた。

▲昼間は鮮魚スーパー

▲夕方6時半から立ち飲みに変身。オープン直後からこの賑わい

安さと新鮮さ、クオリティの高さで地元民に愛されている鮮魚スーパー

「漁港問屋 早鈴直売所」がオープンしたのは、2021年の1月30日。開通したばかりの東急新横浜線「新綱島」駅からも東急東横線「綱島」駅からも徒歩3分ほどの好立地だ。

店内右側には冷蔵ケースがあり、手前に鮮魚の切り身や刺身、奥には加工品なども並んでいる。中央がお弁当やお惣菜売り場。

左側には生簀があり、その奥で魚を捌いているのが見える。これから捌かれる魚が氷詰めで置かれていて、まるで漁港のよう。

冷蔵ケースに並べられている魚は新鮮なのはもちろん、激安で、一般的なスーパーの半値くらいの感覚。

後で聞いたところによると、この店は社長の早瀬氏が、朝3時から近くの漁港で直接仕入れて、その日のうちに店に並べているとのこと。市場や仲買人を通さず、店内でさばいているからこそ可能な価格だという。

▲鮮魚を使用した煮物や揚げ物、焼物、お弁当もクオリティが高く、大人気

つまみは180円から、お酒は399円から!

夕方6時半になると、上の写真左の鮮魚売り場が、右のような一人飲み用のカウンターに変身。中央の総菜売り場もテーブルに早変わり。すると待ちかねたように続々とお客が入ってくる。若い年代の男女も多く、約半数が女性だ。

黒板にその日のおつまみメニューが表示される。その日にあがった魚次第なので、日替わりだが、最低価格が180円。しかもそれがきちんと手がかかったメニューなのに驚く。中心価格帯は280円~380円だ。

ドリンクは、生ビール・ハイボール・サワー各種がオール399円と、こちらも激安。

テーブル番号と注文を紙に書いて店員さんに渡す旧サイゼリヤ方式。

鮮魚スーパーの立ち飲みに来たからには、お刺身はぜったいはずせない。まずは1人1点限りという「中トロ入り マグロ切り落とし」(380円)から。この価格なのに、びっくりするほど身が厚い。身が厚いから、口の中のとろけ感が半端ない。このマグロ切り落としだけでもう、ワンカップ1本いけそうな圧倒的な美味しさ。

「めかぶ卵焼き」(180円)は、めかぶ漁師がよく食べている漁師メシだという。焼きたての熱々でたっぷり入ったメカブのトロトロ感、ほどよい粘り、旨みに驚く。これが180円だなんて、申し訳なくて手を合わせたくなる。

「生エイヒレ 唐揚げ」(280円)。こちらも舌を焼けどしそうな熱々で運ばれてきた。エイヒレの唐揚げを食べたのは初めて。軟骨に絡んだとろんとろんのコラーゲンがたまらない。酒も進んで止まらない。

あっという間に1杯目が終わり、2杯目は、「ガリサワー」(399円)に。ガリたっぷりで、このガリをつまみながらでも軽く30分は飲めそうな気がする…。

ここらで奮発して、初の480円メニューを投入。「生牡蠣 韓国風酢味噌」(480円)に使用されている牡蠣は、坂越湾の名匠・成林宏次氏が手掛けたもので、特約店のみ販売が許されているという逸品だ(※今季出荷は終了)。

「マグロ旨煮」(280円)も、タレがたっぷりしみこんでいて、身がプリプリ。魚が新鮮だと、ただの煮物もこんなに美味しくなるのかと驚く。

早瀬社長は長年にわたり、朝獲れ鮮魚にこだわるさまざまな料理店に魚を卸しており、その際、魚の調理法や料理の相談にのることも多いという。飲食店経営の経験もあるとのことで、料理のクオリティの高さの秘密がわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。