小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「エンパワーメント」が企業にもたらす3つのメリット

2024.05.27

ビジネス環境の変化が加速する中、従業員に権限を委譲する『エンパワーメント』が注目されています。

適切な方法で導入すれば、企業や個人を大きく成長させられるでしょう。エンパワーメントの目的やメリット、企業・従業員が意識すべきポイントを解説します。

「エンパワーメント」とは?注目される理由もチェック

先行きが見えない時代、多くの組織には『エンパワーメント』が求められています。エンパワーメントの本来の意味や、組織における重要性を理解しましょう。

■「権限を与えること」を意味する言葉

エンパワーメント(empowerment)には複数の意味がありますが、ビジネスシーンでは『権限を与えること(権限委譲)』の意味合いで使われるのが一般的です。

組織の業務においては、メンバーの意見を積極的に取り入れたり、権限を委譲したりして、自発的な目標の達成を目指す考え方を指します。

企業がエンパワーメントを推進する主な目的は、人材の能力開発と組織全体のパフォーマンスの向上です。従業員に権限を与えれば、自律性の向上に期待できるほか、潜在的な能力が引き出される可能性があります。

■「エンパワーメント」が注目されている理由

エンパワーメントが注目されている背景には、先行きの見えないVUCA時代の到来があります。VUCAとは、Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った言葉で、将来の予測が立たないほど目まぐるしい状況を指します。

IT技術の進展やグローバル化により、企業のビジネス環境は急速に変化しています。トップダウン方式で物事を進めるよりも、現場に判断を委ねる方が、目まぐるしく変化する環境に柔軟に対応できるでしょう。

また、人手不足が深刻化する日本において、優秀な人材の採用は困難を極めます。自社の若手を次世代のリーダーにいち早く育て上げるためには、適切な権限委譲が有用です。

「エンパワーメント」のメリット3選

コーチング

(出典) pixta.jp

日本では、多くの企業がエンパワーメントの重要性を認識し始めています。エンパワーメントを取り入れることで、企業や従業員にどのようなメリットがもたらされるのでしょうか?

■スピーディーな意思決定が可能になる

一つ目のメリットは、意思決定のスピードが上がることです。日本における従来の意思決定方式は、組織の上層部が意思決定を行い、それに基づいて従業員が動く『トップダウン』です。組織の一貫性が保てるのは利点ですが、現場に決定権がないため、臨機応変な対応をしにくい傾向があります。

エンパワーメントの考えを取り入れ、現場に権限を持たせれば、経営層や上長の指示を待たずに動けます。迅速な意思決定によって機会損失を回避できるほか、業務効率もアップするでしょう。

■人材育成に役立つ

二つ目のメリットは、リーダーシップを発揮できる人材が育つことです。現場の従業員に権限を委譲することで、リーダーに必要な判断力や行動力、責任感などが磨かれます。生産年齢人口の減少で採用難が続く中、自社内で次世代のリーダー候補を確保できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

優秀な人材の育成には一定の期間を要する上、リーダーに必要な要素は日々の業務をこなすだけでは身に付きにくいのが実情です。早い段階から少しずつ権限を委譲していけば、着実なステップアップが可能になります。

■従業員のモチベーションアップにつながる

三つ目のメリットは、従業員のモチベーションがアップすることです。権限が与えられると、当事者意識や責任感が養われます。任務の遂行に必要なことを自分の力で考えられるようになり、上司の指示がないと動けない『指示待ち人間』が減るでしょう。

離職率が多い企業は、従業員が仕事にやりがいを感じていない傾向があります。エンパワーメントによって、従業員一人一人のモチベーションがアップすれば、エンゲージメント(自社に対する愛着や思い入れ)が向上し、結果的に離職率の低下につながります。

「エンパワーメント」のデメリット2選

面接を受けるビジネスパーソン

(出典) pixta.jp

これからの時代を生き残るには、エンパワーメントが機能する組織をつくる必要があります。一方で、エンパワーメントにはデメリットもあり、必ずしもうまくいくとは限りません。

■企業と個人の方向性にずれが生じる

エンパワーメントが機能すると、一人一人の自律性が促されます。主体性を持って業務に取り組むようになるのはメリットですが、個々が好き勝手に動き、組織としてのまとまりがなくなる可能性があります。

企業の方針と従業員の方向性にずれが生じるケースも多く、『価値観が合わない』『方向性が一致しない』といった理由で、離職を検討する従業員も出てくるでしょう。

エンパワーメントの導入に当たり、企業側は、権限の範囲やルールを明確に定めなけばなりません。従業員にエンパワーメントの目的が正しく伝わっていなければ、意見の衝突やトラブルによって現場が混乱します。

■判断ミスが増えてしまう場合もある

もう一つ懸念されるのが、判断ミスの増加です。自分の権限で判断・行動するのが得意な従業員もいれば、苦手な従業員もおり、必ずしもエンパワーメントがうまく機能するとは限りません。

権限を委譲する人材とタイミングを見極めなければ、判断ミスの増加を招くだけでなく、従業員に大きなプレッシャーがかかります。

権限の委譲は、部下に権限を丸投げする行為ではありません。業務の執行責任は部下が負いますが、上司には部下の結果に対する責任があります。部下の未熟さを理解した上で、上司がしっかりとサポートする必要があるでしょう。

「エンパワーメント」で意識したいポイント

研修のイメージ

(出典) pixta.jp

エンパワーメントとは、従業員が潜在的な力を最大限に発揮し、自らの判断で主体的に行動することです。単なる権限委譲で終わらせないためには、従業員(上司・部下)は何を意識すればよいのでしょうか?

■原因精査や改善を怠らない

エンパワーメントに取り組んでも、一人一人が主体的に動けるようになるまでは長い時間を要します。失敗を繰り返しながら、徐々に適切な判断や意思決定ができるようになるのです。自己成長のスピードを速めるためにも、失敗時には原因の精査と改善を怠らないようにしましょう。

上司の立場にある人には、部下の判断ミスを許す寛容さと育成の視点が求められます。フィードバックの機会を設けたり、部下が自分で判断・行動できる環境を整えたりして、大きなミスにつながらないようにサポートすることが肝要です。

■報告・連絡・相談を小まめに行う

部下が判断を誤った場合、上司はすぐに修正をする必要があります。適切な情報共有がなされないと、小さなミスが取り返しのつかない事態に発展する恐れがあるため、チーム内の報告・連絡・相談(報連相)は小まめに行いましょう。

上司の立場にある人は、報連相だけで終わらせず、『なぜ問題が起こったのか』『どうすれば再発を防止できるのか』を部下自身に考えてもらいます。

Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のPDCAサイクルを自分で回せる自律型人材の育成は、上司の重要な任務といえるでしょう。

「エンパワーメント」の導入手順

面接

(出典) pixta.jp

エンパワーメントの導入は、企業の上層部が中心となって実施します。従業員は、エンパワーメントの目的や本質を理解するように努めなければなりません。社内への周知から実行までの、大まかな流れを確認しましょう。

■責任者が「エンパワーメント」推進を周知する

前提として、企業の最高責任者をはじめとする上層部がエンパワーメントの導入に合意している必要があります。上層部で合意形成が行われた後は、社内への周知を行います。

  • エンパワーメントの目的・経緯
  • 導入によって得られるメリット
  • 従業員への影響やデメリット
  • どのような心構えや行動が求められるのか
  • 全体の流れとスケジュール

単なる権限委譲で終わらないように、導入の目的や経緯、従業員に求められる心構えや行動などをしっかりと説明することが重要です。

■従業員が「エンパワーメント」推進を受け入れる

エンパワーメントの導入を決めるのは企業側ですが、実際に実行するのは従業員です。従業員がエンパワーメントの重要性を理解して初めて、エンパワーメント推進のスタートラインに立てます。

多くの企業では、エンパワーメントへの理解を深めるために、面談やディスカッション、勉強会などを設けています。従業員は、この機会に疑問点や不安な点を遠慮なく相談しましょう。

エンパワーメントをうまく機能させるためには、組織内の心理的安全性が保たれていなければなりません。上司と部下の相性が悪かったり、職場の人間関係がこじれていたりすると、導入後にさまざまな問題が生じます。まずは、失敗を許容できる職場づくりを目指す必要があるでしょう。

■情報公開後に権限委譲や権限付与をしてもらう

権限委譲の前に、企業による情報公開を行います。権限が委譲されても、企業側が多くの情報を非公開にしていれば、従業員は適切な意思決定ができません。共有される情報には、企業の方針や戦略はもとより、経理情報や人材情報も含まれます。

権限委譲は、段階的に行われるのが一般的です。いきなり大きな権限を与えると、判断ミスしたときの損失が大きい上、従業員はプレッシャーを感じます。スモールステップで成功体験を積むのが望ましいでしょう。

部署間や個人間での摩擦が生じないように、権限を与える側は『権限の範囲』を明確にします。

■従業員が主体性を持って行動する

エンパワーメントの目的は、従業員の能力を開花させ、自分の頭で考えて行動できる自律型人材へと変えていくことです。これまで指示に従ってきた人にとって、権限の行使は容易なことではないため、上司はあらゆる場面で部下をフォローする必要があります。

ただし、あまりにも干渉しすぎると、名ばかりのエンパワーメントになってしまいます。

本人の主体性が発揮されるように、適切な距離感を保つようにしましょう。面談では、目標の達成具合を確認するとともに、成功した理由や失敗した原因、今後の改善策などを自分の頭で考えるように促します。

個人や企業を成長させる「エンパワーメント」

2人の新人社員

(出典) pixta.jp

ビジネス環境が急速に変化する現代、従業員一人一人の迅速な意思決定が求められています。これまでは、管理する側と管理される側が明確に分かれていましたが、今後はエンパワーメントが機能する組織が勝ち残る時代が到来するといっても過言ではありません。

エンパワーメントの導入は、企業はもちろん、従業員にも多くのメリットがあります。権限が与えられ、能力が開花することで、仕事へのやりがいが生まれるはずです。個人・企業に大きな成長をもたらすエンパワーメントの重要性を、いま一度考えてみましょう。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。