小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

業界によって異なる「ネゴシエーション」の意味とスキルアップのポイント

2024.05.07

「ネゴシエーション」はビジネスシーンはもちろん、映画の題材に使われるなど、多くの人が一度は聞いたことのある言葉だ。しかし言葉の意味は曖昧な人もいるのではないだろうか。

そこで本記事ではネゴシエーションの意味や使い方を解説する。ビジネスに役立つネゴシエーションスキルのポイントもチェックしてほしい。

ネゴシエーションとは

まずはネゴシエーションの意味や使い方を見ていこう。英語表現についてもチェックしてほしい。

■「交渉」「折衝」のこと

ネゴシエーションとは、「交渉」や「折衝」を指す。ネゴシエーションと聞くと、こちらの要求を相手に飲んでもらうことをイメージしがちだ。しかし実際はお互いの要望を聞きながら調整を行い、お互いにとって最善の案を擦り合わせることを指す。

■ネゴシエーションの使い方

ネゴシエーションの使い方を、例を挙げて紹介する。ネゴシエーションの略称として「ネゴる」があるため、合わせてチェックしてほしい。

【例文】

・営業先とこれからのスケジュールをネゴシエーションする。

・納期に間に合うように、先方とネゴってみる。

■ネゴシエーションの英語表現

ネゴシエーションは英語で「negotiation」だ。日本語で直訳した意味と同様に「交渉」の意味で使用する。

名詞では「negotiation」だが、動詞は「negotiate」になる。

【例文】

・I would like to terminate negotiations.

(交渉を打ち切りたい)

・Negotiate with the president about the price of the product.

(商品の価格について、社長とネゴシエーションを行う)

ネゴシエーションとコミュニケーションの違い

ネゴシエーションと似た意味の言葉にコミュニケーションがある。それぞれの意味の違いやその他の類語について解説する。

■違いは行為の目的

コミュニケーションとは、お互いの感情や思っていること、価値観を伝える行為である。コミュニケーションの目的は、こちらの思いを伝えることであるが、ネゴシエーションの目的は交渉して合意を得ることだ。

つまりコミュニケーションは、ネゴシエーションの目的を達成するための手段だと言える。

■ネゴシエーションの類語

ネゴシエーションの類語には他にも「協議」や「話し合い」「対話」などが挙げられる。これらは「negotiation」を日本語に訳した時にも使用されることがあり、同義語としても扱われる。

業界別のネゴシエーションの意味

次にネゴシエーションの業界別の意味を見ていこう。

■福祉業界

福祉業界におけるネゴシエーションは、ビジネスシーンで使用される時と同じ意味。福祉業界でも、ネゴシエーションは必要なスキルとして挙げられている。

例えば、介護施設を利用する人のニーズを理解し、医療スタッフと連携してより良い医療を提供するために、ネゴシエーションスキルが必要な場合がある。

■IT業界

IT業界におけるネゴシエーションとは、デバイスやソフトウェア間で通信を始める前に前提条件を確認して認識を擦り合わせることを指す。

通信規格にはさまざまな設定や機能が用意されているため、同じ通信方法を使用する際も設定方法を合わせる必要がある。ビジネスシーンでのネゴシエーションとは異なるため、注意しよう。

ネゴシエーションスキルのポイント

ネゴシエーションスキルを得るには、研修を受けるなどの習得方法がある。しかし、いきなり研修を受けるのはハードルが高いだろう。ここではネゴシエーションスキルのポイントを解説する。

■相手の意図を理解する

ネゴシエーションスキルの大切なポイントの一つに、相手の意図を理解することがある。相手が言ったことに対して、自分に都合が良い解釈をしてしまうと、話が上手く進まない。そのため意図を理解して、認識の差を埋めていくのが重要だ。

■戦略を立てる

ネゴシエーションをするには、戦略を立てることも重要だ。相手がどんな役職でどこまでの権限があるのかなど、事前リサーチを行い戦略を立てる必要がある。

■妥協できるポイントを決める

ネゴシエーションをする時、自分の要求だけが通ることはほぼないだろう。そのため、お互いに妥協できるポイントを探りながら交渉を進めていくことになる。一度合意してしまうと覆すことは難しいため、あらかじめ妥協できる最低限のラインを決めておこう。

ネゴシエーションを題材にした映画

最後にネゴシエーションを題材にした映画を2つ紹介する。

■交渉人 真下正義

『交渉人 真下正義』は『踊る大捜査線』のスピンオフ映画。ユースケ・サンタマリア演じる「真下正義」が日本初の犯罪交渉人として、地下鉄をジャックした知能犯を相手に、交渉しながら事件を解決する物語。

■ザ・ネゴシエーション

『ザ・ネゴシエーション』は2018年に公開された、韓国のサスペンス映画。ソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユンが、韓国人記者を拉致した犯人から交渉相手に指名される。

犯人の拉致した動機や目的、要求が不明で、交渉の糸口が掴めないながらも人質の命を救おうと交渉を進めていく。

※情報は万全を期していますが、正確性を保証するものではありません。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。