小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハイクラス人材の2人に1人が生成AIを業務で活用、利用者の3割が相談相手として上司や同僚より優先

2024.03.10

経営者と技術・専門職における国内最大級のヘッドハンティングサービスなどを展開するプロフェッショナルバンクでは、自社登録のハイクラス人材(平均年収1197万円、平均年齢47.3歳/2024年1月現在)を対象に、『生成AIのビジネス活用状況』に関する調査を実施。生成AIの業務活用状況など、結果をグラフにまとめて発表した。

ハイクラス人材の45%が生成AIを業務で活用

ハイクラス人材に「生成AIの業務活用」について質問したところ、全体の45%が「活用している」と回答した。

年齢別に見ると、20~30代の活用が最も多く(52%)、年齢が上がるにつれて活用率が低下しているものの、60代以上でも約4割に上っており、幅広い年代にも幅広く普及していることが推察できる。

■生成AI未利用者の8割が「今後、活用する可能性がある」

一方で、業務において生成AIを活用したことがないと回答した人に、今後の生成AI活用の可能性を伺ったところ、80%(「大いにある」(38%)+「多少ある」(42%))が「今後、活用する可能性がある」と回答した。

活用する可能性が全くない人は、わずか3%に留まり、今後の活用意向の高さが想定できる結果となった。

■活用している生成AIサービスは「ChatGPT」が圧倒的多数。業務上の用途は「文章の構成・編集」が最多

次に、生成AI利用者に、「活用している生成AIサービス」について質問したところ、「ChatGPT」が83%で圧倒的多数を占め、「GPT-4」は有料にもかかわらず第2位という結果が得られた。

生成AIの業務上の用途としては、「文章の構成・編集」(66%)が最も多く、次いで「疑問点の解決」(59%)、「新しいアイデア・戦略の創出」(48%)と続いている。

また、「プログラミングのコード作成・編集」や「画像・音声・動画の作成」という上級者も一定数いた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。