小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

覚えておきたい気遣い表現「心中お察しします」の意味と正しい使い方

2024.03.11

「心中お察しします」というフレーズは、使うシーンに迷うことがあるのではないでしょうか?相手に不幸や悲しい出来事があったとき、気遣いを表す表現です。

本記事では「心中お察しします」の意味や使う場面、自分がいわれたときの返答をご紹介します。

「心中お察しします」とは?

「心中お察しします」は、「しんちゅうおさっしします」と読みます。相手に悲しい出来事があったとき、気遣いを表すために使うフレーズです。

相手の気持ちを思いやる言葉ですが、使う相手を間違えると失礼にあたります。特に、目上の人に使うときは注意しましょう。

ここでは、「心中お察しします」の意味や正しい使い方を解説します。

■言葉の意味

「心中お察しします」の「心中」は、「心の内、胸の内」という意味です。「お察し」は「物事の事情などを推しはかって推察する」「相手を思いやる、同情する」という意味があります。

この2つの言葉を組み合わせた「心中お察しします」は、伝える相手の気持ちを十分に汲み取り、心から思いやっていることを表すフレーズです。

参考:デジタル大辞泉

■使う相手に注意

「心中お察しします」は、相手に不幸な出来事が起こったり困難な状況にあったりするときに使います。これらの状況について、相手から直接伝えられたとき以外には使わないようにしましょう。

第三者から聞いたり噂を耳にしたりしても、本人の口から伝えられなければ、本当の気持ちはわかりません。単なる憶測で「心中お察しします」と伝えるのは、相手に違和感を与える可能性があります。

相手が目上の人であまり親密な関係ではない場合、「心中お察しします」という言葉は「自分の気持ちがわかるのか」と反感を持たれることもあるでしょう。角を立てずに気持ちを伝えたい場合は、より丁寧に「心中お察し申し上げます」と敬意を表すことで、真意を伝えられます。

「心中お察しします」を使う場面と例文

「心中お察しします」を使う場面は、主に次の2つです。

・相手に不幸や悲しい出来事があったとき

・相手から不幸や悲しい出来事を聞いたとき

それぞれの場面で「心中お察しします」を伝えるときの例文をご紹介します。

■相手に不幸や悲しい出来事があったとき

葬儀の場など、相手の家族に不幸や悲しい出来事があったときには、次のように伝えます。

・突然の出来事にご家族の皆さまがどれだけお辛いことか、心中お察しいたします

・奥様に先立たれて、さぞやお力落としのことと心中お察しします

・予想もしない事故に遭われてお辛かったことと、心中お察しします

・今回は突然のことでさぞかし驚かれたと思います。心中お察しします

■相手から不幸や悲しい出来事を聞いたとき

「心中お察しします」は不確かな状況では使わず、本人から直接聞いたときに使うことが望ましいでしょう。相手から伝えられたときの例文は、次のとおりです。

・心中お察しします。辛い状況ですが、お気を落とさずに頑張ってください

・それは大変なことでしたね。しばらくは落ち着かないでしょう。心中お察しします

・心中お察しします。何かお手伝いできることがあれば、遠慮なくお申し出ください

・忙しいときに災難に遭われ、心中お察しいたします。どうか無理をなさらぬよう、お身体を大切にしてください

「心中お察しします」といわれたときの返し

相手から「心中お察しします」といわれたとき、どのように返事をするか困ったこともあるのではないでしょうか?

返事としては、心遣いへの感謝の気持ちを表す表現が適切です。

「心中お察しします」といわれたときの返事をみていきましょう。

■恐れ入ります

「心中お察しします」の返しとして無難なのが、「恐れ入ります」というフレーズです。「恐れ入ります」は、感謝の気持ちを敬意をもって示すときに使用する言葉です。相手に何かを依頼するときや心遣い、配慮をしてもらったときなどに使います。「恐縮です」も同じ意味合いです。

主に、目上の人から「心中お察しします」といわれたときに使うとよいでしょう。

返事をするときは、「お気遣いいただき、恐れ入ります」「恐れ入ります。ご心配をおかけしました」という使い方をします。

■お心遣いありがとうございます

相手の思いやりに対して率直に感謝の気持ちを表す返しとしては、「お心遣いありがとうございます」が適切です。目上の人に使うのに適しています。

「お気遣いありがとうございます」という表現もありますが、「お心遣い」はより丁寧な表現です。「お気遣い」はやや軽めのニュアンスがあるため、目上の人には使わないようにしましょう。

「心中お察しします」の言い換え表現

「心中お察しします」には、次のような言い換え表現もあります。

・お気持ちお察しします

・拝察いたします

状況に応じて、適切なフレーズを使い分けましょう。

ここでは、「心中お察しします」の言い換え表現をご紹介します。

■お気持ちお察しします

「お気持ちお察しします」は、ほぼ「心中お察しします」と同じ意味合いの言い換え表現です。ビジネスシーンに適しているのは「心中お察しします」ですが、より近い間柄の人に伝える場合は、「お気持ちお察しします」の方が堅苦しくなく気遣いが伝わります。

ビジネスで「お気持ちお察しします」を使うのは、いつも身近に接している上司や目上の人が適切です。

■拝察いたします

「拝察いたします」は「心中お察しします」と同じく、相手の事情や心中を思いやる際に使う敬語表現です。

「拝察」とは推察することをへりくだっていう言葉で、「拝察いたします」は相手の事情や心中を推察し、思いやるという意味になります。

「拝察いたします」はただ気遣うだけでなく、その上で何らかの依頼をする場合にも用いられます。

「お忙しいことと拝察いたしますが、締め切りが迫っていますのでよろしくお願いいたします」というような使い方です。

参考:デジタル大辞泉

「心中お察しします」は使う場面に注意しよう

「心中お察しします」は、相手に不幸や悲しい出来事があったとき、気遣いを表す敬語表現です。ビジネスシーンで使えるフレーズですが、伝聞や噂を聞いただけで、不確かな情報を頼りに使うのは控えてください。

目上の人に使う際は、状況を見極めながら、より丁寧な「心中お察し申し上げます」を使うことをおすすめします。

使う場面に注意しながら、「心中お察しします」を正しく使いましょう。

構成/須田 望

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。