小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「アサインメント」と「アサイン」の意味と使い方の違いとは?

2024.02.23

アサインメントとは、ビジネスシーンで多く飛び交う用語の一つだ。何となく意味を理解しているものの、アサインとの違いや使い方を正しく理解している人はそこまで多くない印象である。

そこで本記事では、アサインメントの意味と種類、使い方について例文を交えて解説していく。使ううえでの注意点も取り上げているので、企業や組織の一員として働く人は参考にしてほしい。

アサインメントとは?

アサインメントとは、動詞であるアサインの名詞形だ。ビジネスシーンでは度々耳にする用語だが、正しい意味を理解しているだろうか。

以下では、混同しがちなアサインとの違いを含め、解説していく。

■アサインメントの意味

アサインメントを辞書で引くと、意味は以下の通り。

アサインメント【assignment

読み方:あさいんめんと

割り当て。割り当てられた仕事。課題。

引用:Weblio辞書 デジタル大辞泉/小学館

アサインメントには、上記のように「割り当て」や「課題」のほか、「任命」、「配属」、「選出」、「付与」など、さまざまな意味がある。

そのため人材業界では「(人材の)選出」、ホテル業界では「(部屋の)割り当て」と、業界ごとに意味合いが異なるのが特徴だ。

■アサインとの違い

アサインメントとアサインの違いは、先述の通り、品詞の種類にある。アサインメントは名詞で、アサインは動詞だ。アサインの意味を挙げるとすると、転職業界で使うなら「選出する」、ホテル業界では「割り当てる」となる。

ちなみにアサインは「アサインする」と度々使われるが、実際のところ「アサイン」と「する」の動詞が二つ重なっているため、日本語的には間違いだ。「アサインメントする」が正解ではあるが、ビジネスシーンでは「アサインする」が一般的であることも覚えておこう。

複数あるアサインメントの種類

アサインメントは業界ごとに意味合いが異なるだけでなく、複数の種類がある。以下では代表的な3つを解説するため、参考にしてほしい。

■ジョブアサインメント

「ジョブアサインメント」は、最も代表的なアサインメントのことだ。その名の通り、仕事を割り振る・任命することで、上司から部下に対して使われる。そのため主に、マネージャーやチームのリーダー、管理職といったマネジメントを担う層が使う用語だ。

適切なジョブアサインメントをすることによって、部下のモチベーションを向上させ、組織や企業の目標を達成する狙いがある。

■ストレッチアサインメント(タフアサインメント)

「ストレッチアサインメント」とは、現段階では達成するのが困難な目標に対応する役職に任命することだ。別名「タフアサインメント」とも呼ばれる。

実力以上の課題や問題をあえてあてがい、各々が解決していく過程のなかでの成長を促すことが狙いだ。人材育成が重要とされる昨今、企業の経営者や人事担当者から注目されている施策のひとつでもある。

■ダブルアサインメント

「ダブルアサインメント」とは、一つの業務に二人を配属することだ。通常であれば一人体制のところ、ペアを組むことによって業務をより広く周知させ、担当者不在などによるトラブルのリスクを軽減する狙いがある。

アサインメントを使った例文

アサインメントは、大きく分けて二通りの使い方がある。上司から部下に向けて使う時は「アサインメントする」、上司の行動を受ける部下側からすると「アサインメントされる」だ。能動的・受動的に使われる場合の例文を、以下で確認してみよう。

■アサインメントする

能動的な意味で使う場合の例文は以下の通り。

【例文】

・新規プロジェクトのリーダーに、〇〇さんをアサインメントすることにした。

・来年度からの新規事業に向け、新たな人材をアサインメントする予定だ。(転職業界)

・今開発中のキーボードに、操作性を向上させる機能をアサインメントした。(IT業界)

・〇月〇日にお泊まりのお客様には、最上階のお部屋をアサインメントしてください。(ホテル業界)

■アサインメントされる

受動的な意味で使う場合の例文は以下の通り。

【例文】

・今期プロジェクトにおいて、重要なチームにアサインメントされた。

・能力を買われアサインメントされたが、上手くやっていけるかやや不安だ。

・部長からの推薦で、来期からのプロジェクトにアサインメントされた〇〇と申します。

アサインメントを使う際の注意点

ビジネスシーンに役立つアサインメントだが、使う際にはいくつか注意点がある。使う相手やシーンに応じて使い分ける必要があることを踏まえたうえで、以下の3つを意識してほしい。

■相手に応じて日本語に変換する

新入社員やアルバイトの学生、年配の方といった、現代のビジネス用語にあまり馴染みがない相手に対しては、アサインメントを日本語に言い換えることが求められる。重要な用件を伝えているにも関わらず、意味を十分理解してもらえないのでは話にならない。

シーンに応じて「割り当て」や「任命」などに変換し、分かりやすく伝えるようにしよう。

■新入社員には用語の意味を伝えておく

もしこれから長く一緒に働くであろう新入社員に使うなら、初めに意味を周知させておくことが重要だ。アサインメントは業界ごとに意味合いが異なるため、シーンに合わせて伝え方を工夫する必要がある。最初のうちは日本語に置き換えるのも賢明だが、意味をきちんと理解してもらえていれば、今後社内でもスムーズに使えるはずだ。

■業界ごとに意味合いが異なることを理解する

アサインメントを転職してきた人に使うのであれば、新入社員同様、意味を正しく周知しておく必要がある。まったく違う意味ではないものの、ちょっとした認識のズレが業務に支障をきたすとも限らない。転職者側も、予め業界におけるアサインメントの意味を理解しておくとより円滑に回るだろう。

アサインメントは相手やシーン次第で使い方の工夫を

割り当てや任命といった意味を持つアサインメントは、上司から部下に向けて使える便利なビジネス用語の一つだ。

ただし、相手が業界に慣れていない新入社員や転職者、部下でありながらも大きく年上の場合は、日本語に訳すなどの工夫が求められる。また、頻出する言い回しである「アサインする」は、文法的には間違いのため、言葉遣いに厳しい相手には「アサインメントする」と正しく使うなど、臨機応変に対応しよう。

文/shiro

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。