小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Excelのカーソル移動を簡単に行なう方法と作業効率を高めるキーボードの3つの使い方

2024.02.07

キーボードを使ってExcel上でカーソル移動を行う方法がわからない、という方も多いのではないだろうか。カーソル移動の方法を覚えることで、作業効率を高めることが可能だ。

本記事ではExcelのカーソル移動を行う方法について解説する。また、カーソル選択を行う方法についてもまとめた。

Excelのカーソル移動を覚えた方が良い理由

Excelで作業を行っている最中、マウスに一々手を戻してカーソル移動を行っていると作業効率が下がってしまう。キーボードのみで全ての操作を完結させられた方が作業効率も上がるし、集中力も持続しやすくなる。

そのため、キーボードを使ってカーソル移動やカーソル選択を行う方法は覚えた方が良いと言えるだろう。

Excelのカーソル移動の基本

キーボードを使ってカーソル移動を行う方法について解説する。次の3つを行う方法について順番に紹介しよう。

  1. 上下左右のセルに移動
  2. 端のセルまで移動
  3. A1セルに移動

1.上下左右のセルに移動

キーボードには矢印キーが備わっている。矢印キーを押すことで、上下左右のセルに移動することが可能だ。   

上下左右に移動したら、そのまま文字を打ち込むことができる。これがカーソル移動の基本である。矢印キーの使い方を覚えるだけでも、マウスの使用頻度がかなり減るはずだ。

2.端のセルまで移動

Ctrl+矢印キー(※移動方向の矢印)を押すことで、シートの端のセルまで移動することが可能だ。たとえば、4行目のいずれかでCtrl+矢印キー(※この場合は左の矢印)を押すと、次のようにA4に移動する。

矢印キーを押して一個ずつ戻るのは大変なので、Ctrl+矢印キーに一気に戻ろう。

3.A1セルに移動

Ctrl+Homeキーを押すことで、A1に移動することが可能だ。Homeキーがない場合は、Fn+矢印キーでA1に移動できる可能性がある。

Excelのセルのいずれかを選択した状態で、Ctrl+Homeキーを押す。するとA1に一気に移動することが可能だ。Excelの表を下まで閲覧し、最初に戻りたい場合などに便利である。

Excelのカーソル選択の基本

カーソル移動だけでなくカーソル選択も、マウスを使わずにキーボードだけで行うことが可能だ。そこで、カーソル選択を行う方法についても解説していく。

次の3つのやり方について順番にみていこう。

  1. 上下左右のセルも含めて選択
  2. シート全体を選択
  3. 行・列全体を選択

1.上下左右のセルも含めて選択

まず、上下左右のセルも含めて選択する方法について解説する。

Shift+矢印キーを押すことで、上下左右のセルも含めて選択できる。マウスでドラッグアンドドロップするよりも、こちらのやり方の方がはるかに早い。

2.シート全体を選択

続いてシート全体を選択する方法を解説する。シート全体を選択したい場合は、Ctrl+Aを選択する。以下のようにシート全体の色が変わるはずだ。

シート全体を選択することで、Excelに書かれた文書をまとめてコピーすることもできる。

3.行・列全体を選択

最後に、行・列全体を選択する方法を解説する。

Ctrl+Shift+矢印キーを押すことで、行・列全体を選択することが可能だ。これもたまに使うので、やり方を覚えておこう。

カーソルが移動しない!よくあるトラブルの解決方法

最後に、カーソル移動に関するトラブルの解決方法についてまとめた。よくあるトラブル内容としては次の2つが挙げられる。

  1. カーソル移動したいのに選択されてしまう
  2. カーソル移動したいのに画面移動してしまう

1つ1つの解決方法について詳しく解説していく。

1.カーソル移動したいのに選択されてしまう

Excelでカーソル移動を行いたいのに、なぜかカーソル選択が行われてしまう、という場合がある。この場合、Excelが「選択範囲の拡張モード」になっている可能性がある。

Excelの下部に次のように「選択範囲の拡張」と記載されていないか確認してみよう。

「選択範囲の拡張モード」になっている場合、F8もしくは、Fn+F8を押すことで解除することが可能だ。解除すれば正常通りカーソル移動が行われる。

2.カーソル移動したいのに画面移動してしまう

カーソル移動を行いたいのに、なぜか画面移動してしまうという場合もある。この場合、「ScrollLock」が有効になっている可能性がある。「ScrollLock」キーがあるキーボードを使っている場合、いつの間にか押してしまったのかもしれない。

再度「ScrollLock」を押すことで、画面移動しなくなる。「ScrollLock」キーが見つからない場合、以下のショートカットキーのいずれかで解決する可能性があるので試してみよう。

  • Fn+S
  • Fn+C
  • Fn+K

まとめ

本記事ではExcelでカーソル移動を行う方法について解説した。最後に、カーソル移動を行う方法について今一度確認しよう。

  1. 上下左右のセルに移動:矢印キー
  2. 端のセルまで移動:Ctrl+矢印キー
  3. A1セルに移動:Ctrl+Homeキー

また、カーソル選択を行う方法は次のとおり。

  1. 上下左右のセルも含めて選択:Shift+矢印キー
  2. シート全体を選択:Ctrl+A
  3. 行・列全体を選択:Ctrl+Shift+矢印キー

キーボードを使ってカーソル移動やカーソル選択ができるようになると、作業効率を高めることができる。マウスに毎回手を戻すとその分遅れてしまうし、ストレスもかかってしまうので、キーボードによる操作方法を覚えておくと良いだろう。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。