小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PowerPointで画像を自由自在に切り抜く方法

2024.02.08

PowerPointのスライドに写真を挿入する際、不要な部分を切り取りたい、丸型や正方形など好きな図形に合わせて切り抜きたい、任意の形に切り抜きたいという時があるだろう。

本記事では基本的なトリミングから図形に合わせてトリミングする方法や、自由な形にトリミングする方法までまとめて解説する。

基本的なトリミング方法

PowerPoint の基本的なトリミングの手順を説明する。最も基本的なトリミングは、枠を使ったトリミングである。以下にその手順を解説する。

①トリミングしたい画像を選択

②【図の形式】タブをクリック

基本のトリミング1

➂リボン メニュー内にある「トリミング」アイコンをクリック

④選択した画像の角と各辺の中心に太い枠線が表示される

基本のトリミング2

➄太い枠線にカーソルを合わせ、枠線をクリックしたまま左右や上下にドラッグして目的の大きさまで移動し、トリミング サイズを調整する

調整が終わったら、トリミング中の画像以外の場所 (グレーアウトしている部分よりも外側) をクリックして決定する

トリミングサイズの調整

⑥下の図のように写真のトリミングが完了する

基本のトリミング完成

縦横比を指定してトリミングする

次に縦横比を指定してトリミングする手順を説明する。

複数の画像を並べたいとき、サイズが異なる画像が並ぶと乱雑な印象になる事がある。そのような場合、写真の縦横比が同じ比率になれば見やすくなるだろう。

縦横比を指定するトリミング手法は、複数の画像の縦横比を統一して並べたいときなどに使えるトリミング方法である。

①トリミングしたい画像を選択した状態で【図の形式】タブをクリック

②リボンメニューの「トリミング」アイコンの下の部分をクリック

➂表示されたプルダウンより「縦横比」にカーソルを合わせる

④縦横比率を選択(ここでは1:1を選択)

縦横比を指定したトリミング1

➄指定した縦横比(ここでは1:1)でトリミングの範囲が指定される

縦横比を維持したまま切り抜く範囲を調整したいときは、画像を左クリックしてドラッグし、切り抜き範囲に合わせて動かすと、設定した縦横比のままトリミング範囲を調整できる。

※画像の角と各辺の中心に表示された太い枠線をドラッグすると、縦横比が崩れてしまうので注意が必要である。

切り抜き範囲の設定

⑥調整が終わったら、トリミング中の画像以外の場所 (グレーアウトしている部分よりも外側) をクリックして決定すると下の図のように縦横比を指定したトリミングが完了する

縦横比を指定したトリミング完了

図形に合わせてトリミングする方法

PowerPointではハートや星、円形などの形に合わせてトリミングすることも可能なので以下に手順を説明する。

①トリミングしたい画像を選択した状態で【図の形式】タブをクリック

②リボンメニューの「トリミング」アイコンの下の部分をクリック

➂表示されたプルダウンより「図形に合わせてトリミング」にカーソルを合わせる

④表示された一覧の「基本図形」より好みの図形を選択(ここでは「ハート」を選択)

図形に合わせてトリミング1

➄ハートの形で切り抜かれたが、図形が変形していることが分かる

多くの場合、写真に合わせて図形が変形した状態で切り抜かれる。図形の美しさを保つ調整方法を続けて説明する。

切り抜きたい図形の表示

⑥再度トリミングしたい画像を選択した状態で【図の形式】タブをクリック

⑦リボン メニュー内にある「トリミング」アイコンをクリック

⑧表示された太い枠線にカーソルを合わせ、枠線をクリックしたまま左右にドラッグして図形の形を整える

図形の形を調整

⑨画像を左クリックしてドラッグし、図形の範囲に合わせて位置を調整し、トリミング中の画像以外の場所 (グレーアウトしている部分よりも外側) をクリックして決定すると下の図のように図形に合わせたトリミングが完了する。

ハートのトリミング完成

自由な形にトリミングする方法

ハサミで切り抜いたように任意の形でトリミングすることもできる。その手順について説明する。

①【挿入】タブをクリック

②リボンメニューの「図形」アイコンの下の部分をクリック

➂表示された一覧から「フリーフォーム:フリーハンド」を選択

フリーハンドでトリミング

④画像の切り抜きたい部分をドラッグしながら囲む。始点と終点が重なると切り抜かれる部分が薄い青色で表示される。切り抜きたい場所を囲む

➄左クリックを離すと囲んだ部分が青く塗りつぶした状態で表示される。スライドの余白をクリックして、図形の選択を解除してから[Ctrl]キーを押しながらまず全体の画像をクリックして選択する。

⑥次に[Ctrl]キーを押しながら切り抜きたい青くなっている部分をクリックすると以下の図のように全体の画像と、切り抜きたい部分の両方が選択された状態になる。

※全体の画像→切り抜きたい部分の順に選択しないと、次の操作で意図通りに処理されないので注意する。

全体と切り抜きたい画像をクリック

⑦【図形の書式】タブをクリック

⑧リボンメニューの「図形の結合」をクリック

⑨表示されたプルダウンより「切り出し」をクリック

⑩操作後は下の図のように薄い切り抜き線が見える

切り出し

⑪切り抜いた写真をドラッグすると切り抜かれていることがわかる

フリーハンドで切り出し完成

まとめ

PowerPointのトリミング機能を活用すると、画像の必要なところを色々な形で切り抜けるため、より見やすく美しいレイアウトの資料を作成できる。

ぜひ本記事で解説したトリミング方法を資料作りにご活用いただきたい。 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。