小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Excelで重複を抽出する方法とCOUNTIF関数を使った重複回数の調べ方

2024.01.04

Excelで作成した表から重複を抽出して削除したいが、方法が分からないという方も多いのではないだろうか。重複を抽出・削除する方法にはいくつかある。

本記事ではExcelで重複を抽出する方法を3つ図解する。COUNTIF関数を使う方法についてもまとめた。

Excelで重複を抽出・削除する方法

Excelの表の重複箇所を抽出し、そのまま削除する方法について図解する。Excelで重複を抽出・削除する手順は次のとおりだ。

  1. 重複を調べたいセルを選択する
  2. 重複を抽出する
  3. 重複を削除する

1つ1つの手順について詳しく解説していく。

1.重複を調べたいセルを選択する

まず、重複が入った表をあらかじめ作成しておく。

次に表全体をドラッグアンドドロップで選択する。

2.重複を抽出する

続いて、「データ」タブから「重複の削除」を選択する。

3.重複を削除する

次の画面で「OK」を選択すると、重複しているデータを削除できる。これがExcelで重複を削除する基本的な流れである。

Excelでフィルター機能を使って重複を抽出する方法

続いて、Excelでフィルター機能を使って重複を抽出する方法について図解する。フィルター機能を使う手順は次のとおりである。

  1. 表に列名を記入する
  2. フィルターを作成する
  3. フィルターで重複を抽出する

Excelのフィルター機能は汎用性が高いので、使い方を覚えておこう。1つ1つの手順について詳しく解説していく。

1.表に列名を記入する

フィルター機能を使ってExcelの重複を抽出する方法を解説する。先ほどの方法では重複箇所を削除していたが、こちらの方法は削除する前に重複箇所を抽出してくれる。

フィルター機能を使う場合、表に列名を付ける必要がある。列名を付けないとフィルターを上手く設定することができない。以下の画像のように何でも問題ないので列名を付けよう。

2.フィルターを作成する

続いて、フィルターを作成する。

「データ」タブから「フィルター」を選択する。

すると、列名のところに三角マークが付くはずだ。三角マークが付けば、問題なくフィルター設定が使えるようになっていると思われる。

3.フィルターで重複を抽出する

最後に、使えるようにしたフィルターを活用して重複を抽出する。

まず、三角マークをクリックする。すると、以下のような画面が表示される。これがフィルター設定を行う画面である。

この画面の下部に表の各データがリスト化されている。各データにはチェックが付けられているが、重複を抽出したいデータ以外はチェックを外す。

左上の☓ボタンから画面を閉じる。すると、以下のように重複が抽出されていることが分かる。このように、フィルター機能を使うことでデータに重複があるかどうかを調べることができる。

なお、三角マークが合った箇所を再びクリックするとフィルターを解除することが可能だ。

ExcelでCOUNTIF関数を使って重複回数を調べる方法

最後に、COUNTIF関数を使って重複回数を調べる方法について解説する。次の2つのやり方を順番に紹介していく。

  1. COUNTIF関数で重複回数を調べる
  2. IF関数で重複時に「重複」と表示する

1.COUNTIF関数で重複回数を調べる

COUNTIF関数で、重複回数を調べる方法について解説する。COUNTIF関数は、検索条件に当てはまるセルの個数をカウントする関数である。たとえば、「田中」という文字列が他にも見つかった場合は、「1」と返すことができる。

COUNTIF関数は次のような書式となっている。

  • COUNTIF(範囲,検索条件)

第一引数に検索範囲を指定する。A2からA10までを検索対象にするなら「A2:A10」と記入する。第二引数には検索条件を指定する。A1の文字列の重複を調べたいなら、「A1」と記入する。

実際にCOUNTIFを使った例を見ていこう。以下の画像では「=COUNTIF(A2:A10,A1)」と記入している。

実行すると「1」と表示された。A1に入力された「田中」はA2〜A10に1つだけ存在したので、「1」と返却されている。

2.IF関数で重複時に「重複」と表示する

COUNTIF関数はIF関数と組み合わせることで、重複が見つかった際に特定の文字列を出力することが可能だ。

下記の画像では「=IF(COUNTIF(A2:A10,A1)>0,”重複”)」と記入している。COUNTIF関数によって重複箇所が見つかった(1以上になった)場合に、「重複」と表示する。

実行すると「重複」と表示されていることが分かる。

まとめ

本記事ではExcelで重複を削除・抽出する方法について図解した。最後に重複を削除する手順についておさらいしよう。

  1. 重複を調べたいセルを選択する:表全体をドラッグアンドドロップで選択
  2. 重複を抽出する:「データ」⇒「重複の削除」を選択
  3. 重複を削除する:「OK」を選択

また、フィルター機能を使って重複を抽出する手順は次のとおりである。

  1. 表に列名を記入する
  2. フィルターを作成する
    1. 「データ」⇒「フィルター」
  3. フィルターで重複を抽出する
    1. 三角マークをクリック
    2. 重複を調べたい値以外のチェックを外す

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。