小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【JAPAN MOBILITY SHOW 2023】トヨタが出展した未来を感じるクルマをまとめて紹介

2023.10.29

ほかにも、さまざまなアイテムが目白押し

「すべての人に移動の自由を」を理念に掲げるトヨタ。JMSではその理念が形となった展示物も。トヨタブースに展示される「NEO Steer」は、オートバイのハンドルをベースに、アクセルやブレーキといった足元のペダル操作をステアリングに集約。運転姿勢の自由度は高まり、下肢が不自由な方も運転・乗降しやすくなっている。

テクニカル・ワークショップでも登場した電動車いす「JUU」。

クルマを降りた後の移動手段を広げる電動モビリティ「LAND HOPPER(ランドホッパー)」。

月面走行を想定した実験車両「スペースモビリティ(プロトタイプ)」。

トヨタ・レクサスブースでは、このほかにもさまざまなモビリティが目白押し。以前トヨタイムズでも紹介したギガキャストや次世代電池も登場する。さらには、日本自動車工業会(自工会)主催の、トヨタブースとは別の建物で開催されている「TOKYO FUTURE TOUR(東京フューチャーツアー)」に出展されるアイテムも盛りだくさん。ここではすべてを紹介しきれないので、ぜひ会場へ足を運び、実物を見て、触れて、乗ってほしい。

JMS参加企業は過去最多470社超

今回のJMSの参加企業は過去最多470社超。前回(2019年)開催した、JMSの前身にあたる「TOKYO MOTOR SHOW」の約2.5倍、これまで最多だった1995年の361社からも100社以上増えている。顔ぶれも、自動車産業の垣根を越え、行政や他産業、スタートアップまで多種多彩だ。クルマから「モビリティ」へと進化したことで、一気に拡大した。

主催の自工会もさまざまなプログラムを実施。「Tokyo Future Tour(東京フューチャーツアー)」では、「LIFE」「EMERGENCY」「PLAY」「FOOD」の4つのシーンで未来の東京を体感できる。災害からの復興で活躍するドローンや、空飛ぶクルマなど、177社のモビリティが集まる。

豊田章男会長は9月21日の自工会会見で次のように話している。

「未来をつくるのは既存の企業だけではなく、これから未来をつくることに参加したいところにも『この指とまれ』が必要だと思っております。過去に例のない400社が参加するということに、ぜひともご注目いただきたいと思いますし、開催中にいろんな物語が起こるんじゃないかなと思っています」

関連情報:https://toyota.jp/info/freedominmotion/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。