小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【JAPAN MOBILITY SHOW 2023】トヨタが出展した未来を感じるクルマをまとめて紹介

2023.10.29

10月26日から、11日間にわたって開催される「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(一般公開・10月28日~、東京ビッグサイト)」。トヨタは「Find Your Future」をテーマに掲げ、クルマの未来を感じさせるさまざまなアイテムで来場者を迎える。

次世代BEV(電気自動車)のコンセプトモデル、社会とつながる新しいモビリティ、運転を楽しく安全なものにする知能化技術などなど。モビリティカンパニーへの変革を掲げるトヨタが描く未来とは? トヨタイムズではJAPAN MOBILITY SHOW 2023(JMS)に出展するアイテムの一部を紹介する。

トヨタが送り出す次世代BEV(LF-ZC、LF-ZL、FT-3e、FT-Se)

まずはモビリティショーの王道ともいうべきクルマから。次世代BEVでは、低床かつ高エネルギー密度の電池と小型化したe-Axle(*)やエアコンを組み合わせることで、デザインの自由度を拡大。「BEVは全高が高い」という従来の固定概念を打ち破り、クルマの形を変える。

*BEVのようにモーターで走るクルマの主要部品(モーターとギヤトレーン、インバーター)を一つにまとめたもの。

この「LF-ZC」は、電動化、知能化をけん引するレクサスが2026年に市場導入を目指すコンセプトモデルとなる。低いフードから滑らかに後方へと続くシルエットは、BEVにとって重要な高いエアロダイナミクス性能を追求したデザインとなっている。機能と美しさに一切妥協のない、レクサス電動化の象徴モデル。

25日、プレスブリーフィングに登壇したサイモン・ハンフリーズ Chief Branding Officerは、「LF-ZC」のプロポーションを次のように表現している。

「画期的なスペース効率と視界の広さを実現するだけでなく、流麗で美しいシルエット。直感的で正確な走りを実現します」

JMSではさらに、レクサスがBEVの次世代フラッグシップとして提案するコンセプトモデル「LF-ZL」も登場する。

またSUVタイプのコンセプトモデル「FT-3e」は、革新技術により新たなドライビング体験を目指す。全高1595mm、ホイールベース3000mm。前席と後席の距離はミニバン並みのゆとりがあり、全高を低く抑えながらもヘッドクリアランスはRAV4と同じほどの室内空間を確保している。

「FT-Se」はスポーツタイプのコンセプトモデル。GRが取り組む「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」の知見やノウハウを注ぎ、カーボンニュートラル時代にあっても、クルマ好きを虜にするBEVとなる。

T-3eの次世代コックピット。足元部分にはGを吸収するパッドが備え付けられている。

スポーツカーとしてサーキット走行に耐えられるよう、ドライバーの下半身部分には横Gをいなすニーパッドを設置。「FT-3e」同様、直感的な操作を可能とする次世代コックピットを採用し、高い視認性と運転への一層の没入感を得ることができる。

この「LF-ZC」「LF-ZL」はレクサスブース、「FT-3e」「FT-Se」はトヨタブースに展示している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。