小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

所有欲をくすぐられる!ニコン「Z f」で富岡八幡宮の水かけ祭を撮ってわかったレトロデザインの魅力

2023.10.29

レトロデザインのフルサイズ決定版

いまNikonのカメラの中で、私が最も興味をひかれるのが「Z f」である。レトロなデザインとインターフェイスを採用していながら、「Z6 II」をベースにハイエンドの「Z9」の機能も搭載されている。撮影時はシャッターダイヤルを回してもいいし、前後にあるダイヤルでシャッター速度と絞りを変更することもできる。オールドニッコールの使用を前提にMF時にも被写体検出機能が使える。フォーカスポイントが、例えば瞳に自動移動するので、そこをすかさず拡大してピントを合わせられるのだ。ダイヤルは真鍮製で、前カバーとトップカバーはマグネシウム合金製である。カラーはブラックのみ。シャッターボタンにネジが切ってあるがケーブルレリーズは使えない。さらにアクセサリーターミナルが省かれてコントローラーが接続できないという謎の仕様になっている。まあ、スマホアプリをBluetoothで接続すればリモコンでシャッターは切れるのだが面倒である。ケーブルレリーズ対応にするとかなりのコストアップにつながるため採用が断念されたという。

まあ、それは些細なことなので気にせず、マウントアダプターでAI NIKKOR以降の約360種類のFマウントレンズが使えるメリットが大きい。またモーター内蔵レンズなら、AE/AF撮影にも対応する。フルサイズなので焦点距離も変わらない。超広角系レンズなら、絞り込めばパンフォーカスになるのでMFでもバンバン撮れる。何よりも一眼レフカメラらしいデザインと質感が最近のミラーレスでは起こらない所有欲を掻き立て、満足感も得られる。さらに2024年1月15日までZ f プレミアム エクステリア 張替キャンペーンが行われており、5色のカラーから自分だけの1台に仕上げられる。これはかなり魅力的なフルサイズミラーレスだ。

写真・文/ゴン川野

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。