小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これも推し活消費!?アンダーカバーのTシャツを大人買いしてしまった理由

2023.06.03

愛用の辞書アプリ「プログレッシブ英和・和英辞典」(小学館)によると、形容詞で“(特に)スパイ活動[秘密調査]に従事する”という意味がある英語、“undercover”(アンダーカバー)と聞いて何が思い浮かぶだろうか。僕ならまずはローリング・ストーンズ1983年発表のアルバム『アンダーカヴァー』、次に真保裕一2014年発表の小説「アンダーカバー 秘密調査」(小学館)、そして3番目に1990年代に登場した裏原宿系のアパレル・ブランド「UNDERCOVER(アンダーカバー)」となる。ストーンズはよく聴いたし、小説も読んだが、90年代にはすでに30代の僕は裏原宿系のファッションには何の興味もなく、アパレルの「アンダーカバー」はブランド名を知っているだけでそのテイストは全くわからない。

さて先日、久しぶりにデパートのメンズ・ファッション売り場に出向くと、ピンク・フロイドのアルバムジャケットやポストカードなどをプリントしたTシャツやスウェットが目に飛び込んできた。胸や背にロゴ、ジャケット、アーチスト写真等をプリントした、いわゆるロックTとはかなり違い、ハイセンス感が漂う。ここが「アンダーカバー」の売り場だったのだ。 

胸側、背側、腕部などに、『炎』のモチーフ。

『炎』/ピンク・フロイド。

こういうウエアを見てしまうと、『狂気』発売50周年記念ボックスセット(4万円強なり)を買った身としては黙ってはいられない。『狂気』や『炎』をモチーフにしたウエアをあれこれ見て、デザインを気に入った『炎』長袖Tシャツを試着する。だが、とにかく大きい。“3”というサイズでMに相応するようだが、ブランドによりMかLを着てきた身長174cm体重65kgの僕にはオーバーサイズだ。一回り小さいS相応のサイズ“2”は、残念ながら在庫なしという。そういえば値段は? と尋ねると28000円(税別)と値が張る。いわゆるロックTの長袖なら5000円ほどだ。15000円くらいならと思っていたが、オーバーサイズ&予算オーバー。サイズがなくて、これ幸いだった。

前腕部の漢字“狂気”は日本盤の帯で使われた字体。

『狂気』/ピンク・フロイド。

予算はなくても時間はたっぷりある66歳のリタイア。せっかくだからと他のアイテムも見ると、『狂気』をモチーフにしたスウェットがある。やはり好みのデザインで、こちらはサイズ“2”ありだ。長袖Tが28000円ならスウェットは35000円くらいかと推定しつつ試着すると、サイズはぴったりで着心地もいい。ある程度お高くても買おうかと値段を聞くと、45000円(税別)なり。さすがに手が出ない(はずだった)。後ろ髪をひかれながら売り場を後にした。ここまではリタイアに相応しい、賢明な判断である。

話は変わるが、僕のクレジットカードはアメックスのSPGカードだ(詳しくはこちらを。但し2019年の記事なので情報は古い)。年会費は45000円(税別)と高いが、年に1回付与されるポイントで恵比寿や横浜のウェスティンホテルに無料宿泊できる。さらにたびたびAmex Offersなるキャッシュバック(CB)・キャンペーンを展開。例えばディノスのオンラインショップで10%CB、ポール・スミスのオンラインと店舗で15%CB、東急ストアの店舗で3000円以上利用すると10%CBなど多彩で、折に触れて恩恵に預かっている。@ダイムで紹介したノルウェーの寝具ブランド、ノルディック スリープの枕もAmex Offersを利用して15%オフで購入した。よって税込49500円の元は十分に取れているはずだ。

そのAmex Offersの現在のラインナップに、ファーフェッチで60000円以上使うと12000円CBがある(6月30日まで)。ファーフェッチ(Farfetch)は、あまたある有名ブランド品を安く買えるロンドンの通販サイトだ。僕はかつてイタリアの通販サイトで、コムデギャルソンのTシャツを買ったことがある。日本でも販売されたものかどうかは不明だが、驚くほど安かった。その経験から、ファーフェッチがアンダーカバーを扱っていれば安く買えるのではと閃く。

すると、あった。試着した『炎』長袖Tシャツはサイズ“2”があり28000円、『狂気』スウェットのサイズ“2”もあり45000円だ。価格は同じだが消費税がかからない分、デパートで買うより安い。しかも初めてファーフェッチを利用するなら10%オフのクーポンが発行される。2点で73000円が10%オフで65700円、送料の550円を含めると66250円。2点買えば60000円を超えるからアメックスのキャッシュバック12000円の対象になり、54250円となる。本来なら2点で73000円に消費税10%がかかり80300円なので、その差26050円だ。これぞ、お買い得! 日本のブランドを買うのにこういう手があるとは。

到着したウエア2点。リアル店で購入したものとの違いは、FARFETCHのタグが付くことと思われる。

それにしてもデパートの税抜価格とファーフェッチの価格が2点とも全く同じなのは妙だと思った。しかし注文翌日に来た注文御礼メールでその理由が判明(したと思う)。発送元が、UNDERCOVER JPとなっているのだ。つまり海外に輸出したウエアを逆輸入で買うというわけではなく、そもそもの製造者から買う正規品ということだろう。こうするとなぜ消費税が不要なのかは不明だが、いよいよこの買い方はいい手だ。というわけで、28000円(税別)でも予算オーバーだったのに、54250円を費やしてしまった……。リタイアの自覚が足りませんな。

この夏こそ着ます。

1971年の東京公演を見ているだけに迷わず購入。

しかもピンク・フロイドは好きなロック・バンドであることは間違いないが、ウエアを買いたくなるほどのファンではない。成り行きとお買い得感で買ってしまったが……。ウエアが買いたくなるほど好きなロック・バンドは、レッド・ツェッペリンだけだ。10年くらい前、新宿のバーニーズ・ニューヨークで買ったツェッペリンTシャツは確か2万円以上。ジミー・ペイジとロバート・プラントのライブ・シーンがラバー・プリントされた大きな布が前面に縫い付けてある凝った仕様だ。もったいなくて一度も着ていない。昨年はツェッペリンの公式サイトで、1971年の初来日東京公演をモチーフにした長袖ロックTを買った。こちらは真っ当な価格で6000円くらいだったと思う。そしてこの秋、大変なことが起こるかもしれない。日本のさる有名ブランドの2023秋冬コレクションの着想源が、ツェッペリンの名曲「カシミール」だという。アメリカ映画「GODZILLA(ゴジラ)」のエンディング・テーマの原曲だ。このブランドからツェッペリン・ウエアが出たら……。あな、恐ろしや!

文/斎藤好一

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。