小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

確かな性能と乗り心地を追求したメルセデスとBMWのEVセダン乗りくらべ

2023.04.30

電気自動車乗り比べに関する記事を@DIMEの中から厳選して紹介します。

電気自動車乗り比べ

ラグジュアリーセダンの有力な選択肢となるメルセデス・ベンツのEVサルーン「EQS 450+」の魅力

「EQS」はメルセデス・ベンツが2022年9月に発売したピュアEV。メルセデスのEVとしては初のラグジュアリーセダンとなる。ボディーサイズは全長5225mm、全幅1925mm、全高1520mmなので、現行のエンジン付き「Sクラス」よりやや大きめ。ただし、ホイールベースは「Sクラス」よりも100mm以上長い(全長は+45mm)。プラットフォームはEV専用に開発された。スタイリングもエンジン車とは大きく変わっている。フロントからリアまで大きな弧を描いたようなラインが特徴だ。

【参考】https://dime.jp/genre/1568535/

ハンドルを握っても楽しいBMWのラグジュアリーEVセダン「i7 xDrive60 エクセレンス」

BMWのハイエンドEV「i7 xDrive60 エクセレンス」は、最新の「7シリーズ」の最上級モデルとして登場した。メルセデスが「Sクラス」のEVを「EQS」として専用ボディと専用シャーシを開発し、発売してきたのと対称的な方向性になった。「7シリーズ」は2022年夏にフルモデルチェンジした。新型はボディーサイズを大きくした。

【参考】https://dime.jp/genre/1561739/

スポーツサルーンのような走りを楽しめるメルセデス・ベンツのEVセダン「EQE 350+」

メルセデス・ベンツのEV(100%電気+モーターで走行する電気自動車)は、2019年に発売された「EQC」が第1号車。続いて2021年に「EQA」「EQB」と発売している。これらはいずれもガソリン車の「GLC」「GLA」「GLB」をベースに開発されたSUVモデルだった。  2022年9月に発表された「EQE」は、初めて3BOXタイプのセダンEVとして開発された。専用のプラットフォームが設計され、開発されたことで、全高の低いセダンタイプのEVができたのだ。というのもEVは電池を床下に敷きつめることで、蓄電量を増やしてきた。そのために床面が高くなり、全高の低いセダンタイプのクルマでは室内が狭くなってしまった。そこで全高の高いSUV系のEVが主流になった、という事情があった。「EQE」は当初からセダンタイプのEVとして開発されたので、全高は1495mmに抑えられ、室内空間も十分に確保されたセダンに仕上がっている。

【参考】https://dime.jp/genre/1561766/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。