小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

猫をダメにするクッション、壁穴が目立たないキャットウォーク、インターペット2023で見つけた最新猫グッズ大集合

2023.04.09

「インターペット2023」で見つけた最新イチオシ猫アイテム

さてここからは、実際にインターペット2023の会場に足を運んだ筆者が気になったイチオシ猫アイテムをご紹介していきます!

①日本初上陸の素材を使った「ねこがダメになるクッション」

1つ目にご紹介するのは、おしゃれで遊び心のあるペットグッズを展開するセレクトショップ<Sorbét (ソルベ)>より、「ねこがダメになるクッション」です。

インターペット2023-30

外側にタイベック(Tyvek®)と呼ばれる日本未上陸の素材を使用しているのが大きな特徴で、耐久性や通気性が高く、柔らかな肌触りを実現しています。

インターペット2023-28

使い込むほどに猫それぞれの「使用感」が生まれ、経年変化を楽しめるという革のような素材なのだとか。確かに一見すると革や紙のようにも見えます。

インターペット2023-33

しかし実は水に強く、普段のお手入れはクリーナーなどで拭き取るだけでOKなのだそう。中材には0.5デニール以下の極細マイクロファイバー・コットン(なんと髪の毛の約1/100程度の太さ!)を使用し、とろけるような寝心地を生んでいるということです。

インターペット2023-26

実際にちょっと触らせていただいたところ…なるほど、確かにふっかふか!

1度寝転がったら最後、ダメさせられる猫が続出するのも納得のエアリ~な触り心地です。カッチリ系の寝床が好きなネコチャンには向かないかもしれませんが、ふわふわ系がお好みのネコチャンならきっとお気に召してもらえるでしょう。

クッションは「gotta go home」という韓国のブランドのもので、もともとは猫好きご夫婦が自分たちと一緒に暮らす猫たちのためにデザインしたことで生まれたブランドなのだそう。

インターペット2023-32

製品にはタイベック(Tyvek®)の他にもコルクやファブリックなど優しい素材が多用されているということで、それも「うちの子のため」をとことん考えられているからなのだろうなと感じました。

インターペット2023-34

インターペット2023-27

また、ソルベでは他ブランドのアイテムも多数取り扱っており、木製キャットタワーやカーテン付きの猫ハウスなど、どれもナチュラルでおしゃれなデザインが目を引くものばかり。猫との暮らしを提案する公式インスタグラムのフォロワー数は3.4万人と、真似したくなるような部屋づくりのアイデアが支持されています。

インターペット2023-29

インターペット2023-25

扱っているアイテムのほとんどが日本初上陸ブランドとのことなので、人と被りにくいところも良いですね。

インターペット2023-31

日本の市場といえばまだまだ「ザ・ペット用品」といった感じのものが多いので、インテリア性が高い写真映え猫アイテムを狙うならおすすめです。

■ねこがダメになるクッション(gotta go home)

■Sorbét 

オンラインショップ:https://sorbet.pet/

インスタグラム:https://www.instagram.com/sorbet.pet/

運営会社:株式会社Unicode

URL:https://unicode-tokyo.com/

②国産強化ダンボール製のキャットタワー「ねこのなる木」「ねこのお城」

2つ目のおすすめは、キャットタワー専門店<Mau>より、2023年夏頃発売予定の新商品「ねこのなる木」と「ねこのお城」です。

インターペット2023-50

国産強化ダンボールを使用したキャットタワーシリーズで、ラインナップは中型サイズの「ねこのなる木150」と大型サイズの「ねこのなる木170」、ハウス型の「ねこのお城」の3種類。

インターペット2023-20

テーマパークにありそうな可愛らしい外観と、組み立てや処分が容易で扱いやすいというダンボールの特性を併せ持った新感覚のキャットタワーです。

大型のキャットタワーってなかなか組み立てるのも大変だし、いざ処分するとなると本当に面倒なんですよね。なので、ダンボール素材のキャットタワーというのは非常に画期的だと思います!

ただ、ダンボールと聞くと強度が心配になりませんか…?例えば5.5kg超えの体格の良い猫がジャンプして乗っても本当に大丈夫なのでしょうか?

(我が家の猫は大きいのです…!)

インターペット2023-19

そこでご担当の方にお話を伺ってみたところ、猫が飛び乗っても大丈夫どころか「ねこのなる木170」の方は5~6頭同時に乗っても耐荷重的には問題ないように作られているのだとか!

あくまで耐荷重なのでバランスや乗り方が悪いと机上の数字通りではないこともあるそうですが、ダンボールでその強度とはちょっと驚きですね。

インターペット2023-21

さらに、お城タイプの方はバルコニー付きの3階建て仕様になっていて、猫が顔を出せる穴や窓など様々な楽しい “仕掛け” が散りばめられているということ。遊んでいる猫はもちろん、見ている人間の方も楽しくなりそうなタワーでした。

インターペット2023-18

インターペット2023-22

インターペット2023-23

Mauではダンボール素材の他にも、突っ張り式やシニア向けなど、環境に合わせて選べる多数のオリジナルキャットタワーを扱っています。

インターペット2023-16

パーツだけ購入して付け替えも可能ということなので、ハンモックや爪とぎだけ壊れても買い替える必要がないのは嬉しいですね。

■ねこのなる木・ねこのお城(Mau)

※2023年夏頃発売予定

■Mau

オンラインショップ:https://www.maustore.jp/

インスタグラム:https://www.instagram.com/maumaucats/

ツイッター:https://twitter.com/mauxmaschera

運営会社:株式会社Mau

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。