小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【5分で簡単おつまみレシピ】キャベツのアンチョビ炒め

2016.03.13

★今日のうんちく 〜カタクチイワシ〜

 今回の料理に使ったアンチョビ。これ、何から出来てるかご存知ですか?それは、タイトルにもあります、カタクチイワシなんです。と、言われても、今度はカタクチイワシって一体何なのか、あまりピンとこないですよね。でも実は、このカタクチイワシという魚、我々日本人にとって、とても馴染みのある魚なんですよ。

 身近なものでいうと、「シラス」がこのカタクチイワシの稚魚なんですね。さらには成魚になってからは、「畳いわし」や、「煮干」、「目刺(めざし)」、「田作り」などに使われているのもこのカタクチイワシなんです。ここまで紹介すると、「あ〜、あれね〜。」となって頂けたはず。本文では、なかなか馴染みの無いアンチョビ〜、と紹介していましたが、実はかなり身近な物だったんですね。

 そして、このカタクチイワシを調べてみると、この魚自他の存在が、我々の生活に密接に関係しているんだと知りました。それは、日本近海の海では食物連鎖の要となっているという事なんです。このカタクチイワシを接食する生物として、カモメなどの海鳥、サメやカツオなどの肉食魚、クジラやイルカなどの海生哺乳類、イカなどの海生軟体動物、そして人間、などなど。カタクチイワシがいるからこそ、上手く食物連鎖が繋がっていると言っても過言では無い状況とまで言えそうな状態です。逆に、カタクチイワシからしたら、見渡す限り敵だらけなんですね。これは可哀相。

 カタクチイワシは1年中繁殖をする魚ではあるのですが、繁殖しては他の生物に捕食されを繰り返し。そんなありがたい魚を、あまり馴染みの無い魚、だなんて言ってしまった事が、とても申し訳なく思います。まさか、こんな形で魚に懺悔する日がくるなんて、思ってもみなかったです(笑)

文/ 藤田晋也

 


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。