小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

作成から管理まで!Slackワークスペースを上手に使いこなすヒント

2022.01.22

Vladimka production / Shutterstock.com

便利なビジネス向けのメッセージプラットフォームとして浸透しているSlack。今回はSlackのワークスペースを作成して使いこなす方法を紹介します。この記事を参考にして、業務をより効率的に進めるためにSlackをぜひ活用してください。本文中では、無料プランを利用し、デスクトップで操作する前提で解説していきます。

Slackでワークスペースを作成する方法

Slackのワークスペースは、組織や会社などのグループ全体が属する場所です。ワークスペースの中には、小会議室の役割を持つ「チャンネル」が存在します。まずはSlackでワークスペースを作成し、利用を始める方法を紹介しましょう。

【参考】今さら聞けない「Slack」の使い方と便利な機能

Slackワークスペースにメンバーを招待するには

ワークスペースに新規メンバーを招待できるのは、ワークスペースのオーナー、ワークスペースの管理者、ゲスト以外のメンバーです。また、招待したい人のメールアドレスが必要となります。

[1]画面左上のワークスペース名をクリック
[2]メニューから「メンバーを以下に招待 : [workspace name]」を選択
[3]招待したい人のメールアドレスを入力
[4]「送信」→「完了」をクリック

【参考】ワークスペースに新規メンバーを招待する(Slack)

初心者のためのSlackの使い方と基礎知識

Slackワークスペースの招待メールを送る権限を得る方法

デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもワークスペースに新規メンバーを招待できます。この設定を変更できる権限を持っているのは、ワークスペースのオーナーと管理者です。招待メールを送信できるメンバーを決定するには、次の操作を行います。

[1]画面左上のワークスペース名をクリック
[2]メニューから「設定と管理」→「ワークスペースの設定」をクリック

[3]「設定と権限」画面の「権限」タブをクリック

[4]「招待リスト」横の「開く」をクリック
[5]「管理者による承認が必要です」にチェックを入れて(または外して)「保存する」をクリック

Slackワークスペースに招待リンクから参加する方法

Slackのワークスペースに招待されたら、次の手順で参加できるようになります。

[1]Slack からの招待メールをチェック
[2]「今すぐ参加」をクリック
[3]氏名・パスワードを入力→「アカウントを作成する」をクリック

Slackのワークスペース作成はまず無料から始めよう

Slackには無料プランと有料プランがあります。まずは無料プランで基本的な機能や使い心地を試してから、必要に応じて有料プランにアップグレードするのがおすすめです。なお、無料トライアルを試すと、その期間中は有料プランにしかない機能も利用できます。

Slackで複数のワークスペースを運営するには

Slackを使う企業やチームが増えてくると、ワークスペースが複数必要になります。ここからは、新たにワークスペースを作成したり、ワークスペースを切り替えたりする方法を見ていきましょう。

Slackで複数のワークスペースを作成する方法

すでにSlackを利用している場合、以下の方法でワークスペースを追加できます。

[1]デスクトップアプリ左側のアイコン下にある「+(ワークスペースを追加する)」をクリック

[2]「ワークスペースを新規作成」をクリック

[3]メールアドレスを入力して「続行する」をクリック

[4]メールで送られてきた確認コードを入力

[5]社名またはチーム名を入力

あとは指示に従って進めれば、新たにワークスペースが追加されます。

Slackでワークスペースを切り替える方法

Slackで複数のワークスペースにサインインしている場合、ワークスペースの切り替えは簡単にできます。

デスクトップアプリでは、左側に表示されている各ワークスペースのアイコンをクリックするだけでOK。

ブラウザ版を使用している時は、画面左上のワークスペース名からメニューを開き、「ワークスペースを切り替える」を選択して、開きたいワークスペースをクリックします。

Slackワークスペースを切り替えるショートカットキー

ワークスペースの切り替えは、ショートカットキーを使っても行えます。「Ctrl」+「K」(Windows/Linux)または「Cmd」+「K」(Mac)を押したあとにワークスペース名を入力しましょう。

あるいは、次のショートカットキーで前後のワークスペースに移動できます。前のワークスペースに移動するなら、「Ctrl」+「Shift」+「Tab」(Windows)または「[」(Linux)、Macの場合は「Cmd」+「Shift」+「[」です。

次のワークスペースに移動するなら、「Ctrl」+「Tab」(Windows)または「]」(Linux)、Macの場合は「Cmd」+「Shift」+「]」です。

Slackでは、ショートカットキーを使うことでより効率的に作業を行うことができます。

【参考】Slack のキーボードショートカット(Slack)

その他のSlackワークスペース管理方法

Slackのワークスペースを管理していると、さらに細かい操作を必要とする場面があります。それぞれの進め方を見ていきましょう。

SlackワークスペースのURLを確認する方法

参加しているワークスペースのURLを確認するには、Slackにサインインした状態で画面左上のワークスペース名をクリックしてください。ワークスペース名の下にURLが表示されます。

Slackワークスペースの名前変更をするには

ワークスペースのオーナーは、ワークスペース名を変更できます。

[1]画面左上のワークスペース名をクリック
[2]「設定とその他管理項目」を選択→「ワークスペースの設定」をクリック
[3]「ワークスペース名やURLを変更する」をクリック
[4]新しいワークスペース名を入力
[5]「変更を保存する」をクリック

【参考】初心者のためのSlackの使い方と基礎知識

SlackワークスペースのURLを変更するときの注意点

ワークスペースのオーナーは、ワークスペース名を変更する時と同じ方法でURLも変更できます。URLの変更が終わったら、参加メンバーに必ず通知しましょう。

ワークスペースのURLを変更すると、古いURLにアクセスした場合は新しいURLに自動転送されます。ただし、古いURLは新たに他のグループが登録できるようになり、その場合はURLの自動転送が行われなくなります。

Slackのワークスペースには招待されないと参加できないの?

デフォルトではワークスペースに参加するには招待が必要ですが、新規登録方法を設定し直せば、特定のドメインからのメールアドレスで誰でもワークスペースに参加できるようになります。この設定ができるのはワークスペースのオーナーと管理者です。

[1]画面左上のワークスペース名からメニューを開き、「設定とその他管理項目」→「ワークスペースの設定」をクリック

[2]「このワークスペースへの参加」横の「開く」をクリック

[3]「招待を許可し、次のドメインからのメールアドレスの招待をすべて承認します」を選択。

[4]ドメインを入力して「保存」をクリックしたら完了

Slackのワークスペースを削除する方法

ワークスペースの削除は、プライマリーオーナーのみが行えます。いったん削除すると復元できないので注意してください。

[1]画面左上のワークスペース名をクリック
[2]メニューから「設定とその他管理項目」を選択→「ワークスペースの設定」をクリック
[3]「ワークスペースを削除する」までスクロールダウン
[4]「ワークスペースを削除する」をクリック
[5]ボックスをチェック
[6]Slack アカウントのパスワードを入力→「はい、ワークスペースを削除します」をクリック

【参考】初心者のためのSlackの使い方と基礎知識

Slackを運用する上で、ワークスペースについての知識は欠かせません。ワークスペースの基礎から応用までの知識を身につけて、業務の効率化にお役立てください。

※データは2022年1月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。