小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

幼い娘を失った女性が大自然で体験する再生の物語、Netflixのヒューマン映画「ムクドリ」の見どころ

2021.10.06

愛する人との永遠の別れ。そんな耐えがたい悲しみを癒してくれるのは、大自然、そして小さく健気な“いのち”。

Netflixで2021年9月24日から独占配信中の『ムクドリ』は、アメリカで製作されたヒューマン・コメディ映画。

主演は『サンダーフォース ~正義のスーパーヒロインズ~』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のメリッサ・マッカーシー。

『ドリーム』『ヴィンセントが教えてくれたこと』のセオドア・メルフィ監督作。

あらすじ

アメリカ。田舎町にあるスーパーマーケットで店員として働くリリー(メリッサ・マッカーシー)は、1年ほど前に幼い娘ケイティを乳幼児突然死症候群(SIDS)で亡くし、悲しみから立ち直ることができずにいた。

仕事中も心ここにあらずの状態で、上司や同僚たちからも心配される日々。

精神病院に入院中の夫ジャック(クリス・オダウド)と共にグループ・カウンセリングを受けるなど前に進むために努力を重ねるが、うまくいかない。

ある日グループ・カウンセリングを受けた後に、心理療法の専門家ラリー・ファイン博士(ケヴィン・クライン)のクリニックを紹介される。

リリーがクリニックを訪ねると、ラリーはなぜか獣医に転職していた。

後日、自宅庭で作業をしていたリリーは、ムクドリに襲われる。

鳥の生態に詳しいラリーにムクドリ対策のアドバイスを相談するうち、リリーは自分自身の悲しみと向き合うようになる。

見どころ

ムクドリの大群は、遠目に見るとゾッとするほど狂暴で恐ろしく見える。得体の知れない巨大モンスターのようだ。

しかし、一羽一羽を間近で捉えた映像に切り替わると、懸命に生きようとする姿がとてもいじらしい。

そして、だだっ広い庭で、生い茂った雑草や攻撃的なムクドリと格闘するリリー。

骨の折れる重労働なのだが、自然の中で何も考えずに黙々と体を動かす時間こそ、現代人の心と体に“効く”のかもしれない。

理不尽で暴力的とも言える大自然に圧倒され翻弄されると同時に、いつの間にか悲しみを癒されている不思議。

本作に映るアメリカの自然は何もかもスケールが大きすぎて、もし主人公として自分があの場にいたとしたら、人間である自分のちっぽけさと無力感に打ちひしがれそうだ。

人間には“なす術がない”、ということを象徴しているのだろうか?

そして、画面越しにも伝わってきそうな、カラリと乾いた気候。

風土がその土地に暮らす人間の心にも大きな影響を及ぼす、ということを実感させられるシーンが多い。

目の前の現実を受け入れ、ありのまま、今を生きていく。

狂暴だが健気なムクドリと雄大で荒々しい自然風景からは、そんな非言語のメッセージを受け止めた。

似た作品としては、同じくNetflix映画の『ペンギンが教えてくれたこと』、そして『私というパズル』もぜひオススメしたい。

Netflix映画『ムクドリ』
独占配信中

文/吉野潤子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。