PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

【おばあちゃん猫に学ぶ】若者のエキスを吸いながら女帝として君臨するおばあちゃん猫の生き様

2021.08.10

20214月に25歳を迎えたおチビさん。3本脚ながら懸命に生きているおばあちゃん猫を見ているとすごくほっこりして元気をもらえます。そんな四半世紀を生きてきた彼女の日常をつらつらとお届けします。

第一話はこちら https://dime.jp/genre/1133081/

第二話はこちら https://dime.jp/genre/1160438/

25歳のおばあちゃん猫】第3回「おばあちゃん猫が若者のエキスを吸いながら女帝として君臨する物語」

猫を飼い始めてしばらくして思うのが「1匹だと淋しいかな」ということ。そもそも猫は単独行動のためそれほど心配することはないのだが、十中八九そう思ってしまうのが猫好きの性。そして多頭飼いを考えた時に特に気になるのが先住猫との相性である。

去勢済みのオス同士なら気の合う遊び仲間になってくれることが多く、オスとメスも比較的良好な関係を築きやすいと言われている。一方、メス同士でお互い神経質な性格の場合はギスギスした水と油みたいな関係になってしまうこともあるとか。

性別の組み合わせでさえ大変だがもう一つ重要なのが「年の差」。一番厄介なのは「高齢猫」と「若い猫」の組み合わせだ。隠居暮らしの高齢者の下にパワー全開のガキ大将がやってきたら穏やかな日常なんて期待できない。高齢猫が振り回され、老体にムチ打つような生活の末、ヨボヨボに拍車がかかることなど想像に難くない…のだが、、、

25歳のおばあちゃん猫おチビさんはその点かなり『規格外』だった。今回は彼女のとんでもない物語をお送りしよう。

人間年齢100歳超の高齢ながら、朝からモリモリご飯を食べる妖怪並みの健康優良老人、おチビさん。毎日早朝3時から庭に出てニャルソックするのが日課だとか。そんな彼女は意外な三角関係の中で暮らしている。

お隣さん家の猫ネルちゃん、そして野良の三毛猫男子どすこいタローちゃん。おチビさんの縄張りにズカズカと入りこんできた2匹の猫だ。人間世界で例えると「18歳の若者2人が110歳のおばあちゃん家の周りをバイクでギャンギャン走り回ってる」感じか。かわいそうすぎる。

一見、かわいそうすぎると思ったのだが、実はそうでもなかった。おチビさんは『女帝』だった。

暴れ回る若者を誰もいない軒下に呼び出して説教したり、若者よりも超絶なスピードで追いかけ回したり。おチビさんは110歳とは思えない身体能力と負けん気の強さで、青二才の2匹に立ち向かっていた。

飼い主のTomokoさん(@briciolinatomoko)曰く「おチビが強すぎてタローちゃんが私に助けを求めて駆け寄ってくるほど(笑)タローちゃんはおチビやネルちゃんと遊びたいだけなのに。それでもそんな関係が意外に心地よいのか毎日3匹で仲良く過ごしています」

妖怪であり女帝として君臨するおチビさん。その脅威はオーラや身体能力だけでなく細部にも現れている。こちらをご覧頂きたい。

猫は高齢になると爪研ぎの回数が減り、爪の「脱皮」も少なくなる。そのため爪が伸び続けてしまうことがあるのだが、おチビさんの新陳代謝は若者レベル!キレイに脱皮し、鋭い爪が健在なのだ。タローちゃんも戦々恐々している。

巷では「若いって素晴らしい」「若者には無限の可能性がある」などと語られているが、年を重ねた経験豊富な大人たちにこそ無限を超えた知られざる可能性があるのかもしれない。

女帝と若者達の暑い夏は、まだまだ続く。

次回予告『え?新宿の3D三毛猫はどすこいタローちゃんがモデルじゃないですよね?(仮)』

おチビさんインスタグラム

@briciolinatomoko

文/太田ポーシャ

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。