小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「而して・而も」の読み方は?意味と正しい使い方を解説

2024.06.01

『而』という字にはさまざまな使い方や読み方があります。『而して』と書いた場合には「しかして」「しこうして」の、どちらの読み方が正しいのでしょうか。また、その意味や『而』の漢字を使った熟語などを紹介します。

「而」の読み方は?

『而』は、漢文の置き字として使われる文字です。学校などで漢詩を読んだ経験から、この文字に見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

また、日本では明治時代頃の古い詩や小説に使われることもあります。『而』のみでは「ジ」と読みますが、『而して』『而も』と書いた場合は、それぞれどのように読んだら良いのでしょうか。

而して「しかして」「しこうして」

『而して』を辞書で引いた場合、以下のような意味として紹介されています。

しこう‐し‐て〔しかう‐〕【×而して】
[接]《中世には「しこうじて」とも》前文で述べた事柄に並べて、あるいは付け加えて、別の事柄を述べるときに用いる。そうして。それに加えて。

「水は台所より外には無い。―台所は二階には附いていない」〈二葉亭・浮雲〉

[補説]もと、漢文訓読系の文章の中で用いられた。「しかくして」あるいは「しかして」の音変化か。

しか‐し‐て【▽然して/×而して】
[接]そして。それから。多く漢文訓読文に用いられる。

出典:weblio辞書

上記の記述から、オーソドックスなのは「しこうして」と読むことが分かります。しかし、「しかして」も決して不正解というわけではありません。漢文で用いられるときは「しかして」と読みます。

而も「しかも」

『而も』は「しかも」と読みます。辞書では以下のように解説されています。

しか‐も【▽然も/×而も】
《副詞「しか」+係助詞「も」から》

[接]

1 前述の事柄を受けて、さらに別の事柄を加えるときに用いる。その上。「あの方は私の恩師で、―命の恩人だ」

2 前述の事柄を受けて、それに反する帰結を付け加えるときに用いる。それなのに。それでも。「あれだけ練習して、―勝てなかった」

[副]そんなにまでも。

「三輪山を―隠すか雲だにも心あらなも隠さふべしや」〈万・一八〉

出典:weblio辞書

読み方は「しかも」です。これは、現代でもよく使われるニュアンスのため、意味が分かる人も多いのではないでしょうか。二つの異なる意味がありますので、前後の文章から、どちらの意味で使われているのかを判断しましょう。

「然」との違い

『然』という文字は、訓読みでは「しか」と読みます。『然り(しかり)』という言葉は、現代でも新聞や小説などで見かけるでしょう。

『然して』と書くこともあります。この場の意味は『而して』と変わりません。前に述べた事柄を受けて、その事柄から後に続ける文章を書く際に使います。

然り而して』といったように、組み合わせて使われることもあります。

現代では『逆も然り』『然る後に』など、『然』の漢字の方がよく使われます。

中国語でも同じ意味で使われる

『而』という漢字は、中国語でも使われています。中国語における意味や使い方についても紹介します。

而且の意味は「しかも」

『而且』は「ピンイン」と発音する接続詞です。「なおかつ」「その上」「さらに」といった意味で使われます。「しかも」と日本語に訳すのが適切でしょう。

『不但(~だけでなく)』や『不仅(~のみならず)』という言葉と組み合わせて使われる場合も多いです。セットで使われて、「~のみならず、しかも…」という意味になります。

漁夫の利の置き字「而」とは

置き字とは、訓読した際に読まない文字のことです。「而」のほかには「焉」「矣」「於」「于」「乎」などがあります。

発音はしませんが、意味としては主に順接の「そして」、逆接の「しかし」の意味となり、文と文をつなぐ接続語として用いられます。

漢詩の『漁夫の利』においても、「漁者得而并擒之。」として、この置き字は使われています。

而を「じ」と読むときの使い方

『而』は、音読みでは「じ・なんじ」と読みます。「じ」と読んだ場合の使い方について、熟語を用いて解説します。

30歳を示す 「而立(じりつ)」

『而立』とは30歳のことを表します。15歳を『志学』、40歳を『不惑』などという言い方もします。この言葉の由来は、『論語』にある次の一節です。

「子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩。」

意味は「師の言うところには、私は15歳で学問で身を立てようと志し、30になったときに身を立てることができるようになった。40歳になると迷うことがなくなり、50歳で自分の天命を知り、60歳では人の話を素直に聞けるようになり、70歳になると、自分の思うように行動をしても人の道を外れることはなくなった」というものです。

人生の節目ごとに成長し、いつまでも人は学ぶことができるという教訓を示しています。

この「三十而立」から、30歳のことを「而立」と呼ぶようになりました。

人間関係に大切 「和而不同(わじふどう)」

『和而不同 (わじふどう)』も、『論語』に由来する言葉です。

「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」という言葉からきています。これは、「優れた人物は人と仲良くはするが主体性は失わない。つまらない人はすぐに他の人に同調するが、人と心から親しくなることはない」という意味です。

人間関係において、人と仲良くしながらも自分を見失ってはいけない、というスタンスの大切さを語っています。

▼あわせて読みたい

読めそうで読めない「謂れ」の読み方と言葉の意味

いまさら聞けない!「月次」の読み方と正しい使い方

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。