人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ、人は「好き避け」してしまうのか?

2020.11.18

好きな相手に避けられているように感じることはありませんか?「嫌われているかも」と不安になることもありますが、もしかすると、それは『好き避け』されているのかもしれません。好き避けの心理や見極め方、対処方法をチェックしていきましょう。

好き避けとはどのような意味?

好きな人に避けられていることに悩んでいませんか?自分に思い当たる原因がないにもかかわらず、相手に冷たい態度を取られるようであれば『好き避け』されているかもしれません。

ここでは「好き避けとはどのような心理なの?」と疑問を持つ人に向けて、意味や特徴について紹介します。

好きな人を避けてしまう心理

好き避けとは、言葉の通り『好きな人を避けてしまう心理』を意味します。相手への好意はあるものの、その好意を隠すように素っ気ない態度を取ったり興味のないふりをしたりするのです。

一般的には付き合う前の段階で好き避けされるケースが多いですが、付き合いに発展した途端、手のひらを返すように避けられてしまうケースもあります。

避けられている側は「嫌われているのかな?」「何かしてしまったのかも…」と不安になることでしょう。しかし、好き避けの裏には好意が隠されていることが多く、相手の行動や発言をよく観察して、好き避けなのか、本当に避けられているのか見極めることが大切です。

意図的なものと無意識のものがある

好き避けには、本人が自覚しているケースと無自覚に行っているケースがあります。

自覚して好き避けしている場合は、あえて避けることで「好きな気持ちはない」「付き合っているわけではない」と周囲にアピールして、自分の好意や恥ずかしさを隠しているのです。中には、わざと冷たく接することで「もっと自分に興味を向けて欲しい」と考えているケースもあるでしょう。

一方、無自覚で行っている場合は、恥ずかしさから相手の顔が見られない・話せないだけで、本人に避けている意識はないのです。

好き避けの具体的な行動

好き避けされているかどうかを見極めるためには、まず相手の行動をチェックしてみましょう。以下の三つの行動をされた場合は、好き避けされているかもしれません。

態度が冷たい

好きな人に話しかけられたら嬉しく感じて、少しでも長く話したいと思うでしょう。ところが、好き避けをする人は『話しかけられたときの態度が冷たくなりがち』です。

とはいえ完全に無視されることはなく、基本的には話を聞いてくれますし、返答もあるでしょう。ただ「早く会話を終わらせたい」という雰囲気を出されることが多く、こちらの気持ちが萎えてしまうことがあるかもしれません。

また、出会ったばかりの頃は会話が弾んでいたにもかかわらず、やり取りを重ねる中で会話が続かなくなり、態度が冷たくなるパターンもあります。

意地悪をされる

小学生や中学生の頃、好きな子に意地悪をしてしまう子を見たことはありませんか?もしくは実際に意地悪をされた経験があり、印象に残っている人もいるでしょう。

『好きな人に意地悪をしてしまう』のは、好き避けする人によくある行動です。意地悪といっても、憎まれ口を叩く・些細なことでからかう・頑なに褒めないなど、かわいいレベルであることがほとんどでしょう。

目を合わせてくれないことや無視されることなどもあるかもしれません。しかし、あなたを嫌な気持ちにさせようとしているのではなく、好きだからこそ困った顔を見たい、構って欲しいという感情から、意地悪してしまうというのが本音です。

好意がない言動を取られる

「今は誰かと付き合うつもりはない」「好きなタイプと反対だ」のように『好意がないように見える言動を取ること』も好き避けする人の特徴です。

こちらから好意を示した場合ならまだしも、相手が予防線を張るように好意がない言動を取ってくるのは、あなたを『強く意識している』かもしれません。

反対に、好意をアピールしたときに「〇〇さんが好きって言っていたよ?」「自分にはもったいない」などとわざと他の異性を薦めて、好意を隠すこともあるでしょう。

好き避けするのはなぜ?

好きという感情を持っているはずなのに、避けてしまうのはなぜなのでしょうか?考えられる原因を見ていきましょう。

相手を意識しすぎてしまう

好き避けする人は『好きな気持ちが強い』からこそ、相手を意識しすぎてしまいます。「仲良くなりたい」「気軽に話したい」と考えていても、相手のことを考えすぎた結果、素っ気ない態度を取ってしまうのです。

友人や知人の段階では普通にコミュニケーションが取れていたはずなのに、急に避けられるようになった場合は、相手があなたへの好意を自覚したことに『戸惑っている』可能性が考えられます。また、素っ気ない態度を取ってしまった後に「どうしてあんな態度を取ってしまったのだろう…」と後悔していることも少なくありません。

恋愛経験が乏しい

恋愛経験を重ねている人であれば、恋心を自覚したらすぐに相手に好意を伝える行動に移せるでしょう。

反対に恋愛経験が乏しい人は、『どのように行動に移せばよいのか分からない』こともしばしばです。これにより、ぎくしゃくした態度を取ってしまうこともあるでしょう。

恋愛経験が少ないことで『自分に自信がない』タイプの人もいます。「どうせ自分なんて」「好意を伝えても迷惑なだけ」とネガティブな考えに支配され、相手から向けられた好意に気付けないこともあるのです。

好き避けは、こちらが相手の態度に振り回されているように思えますが、実は『相手も自身の恋心に振り回されている状態』といえるでしょう。

恥ずかしい気持ちが強い

『好きな気持ちがバレることへの羞恥心』も好き避けの原因になります。例えば目が合った瞬間に視線をそらすのは、相手に嫌悪感を抱いているのではなく、恥ずかしいと感じていることもあるでしょう。

特にシャイな男性は『恋愛に対して奥手』な面があります。恋心を自覚した途端に相手の表情を見られなくなったり、うまく話せなくなったりすることも珍しくありません。

しかし、そのような一面を知られるのは「男らしくない」「ダサい」と考え、素っ気ない態度でごまかそうとする場合もあるのです。

周囲の目を気にして好き避けすることも

周囲の目が好き避けの原因となるケースもあります。どのような場合が考えられるのか、さっそく見ていきましょう。

好意を周囲に知られるのが恥ずかしい

職場の同僚や共通の友人がいる場面では、好意が周囲にバレるとからかわれたり余計なお節介を焼かれたりすることもあるでしょう。周囲の反応に恥ずかしさを感じる人は、好意がバレないように知り合いがいる場所では意図的に避けることもあるのです。

特に、自分のペースで恋愛を進めたい人は、周囲の干渉を嫌います。誰にも邪魔されずに恋愛を発展させたいと考え、人前ではあえて素知らぬふりをすることもあるでしょう。

また、恋愛が成功しなかった場合を考慮して、密かに恋心を抱える人もいます。

嫉妬したくないから避ける場合も

好きな人が他の異性と仲良く会話している姿を見て、モヤモヤした経験はありませんか?人がいる場面で好き避けされるのは、『嫉妬したくない』気持ちも原因といえます。

交際関係にあれば、「自分の恋人だから」と独占することもできます。しかし、まだ好意を抱いている段階では、異性との会話を制限することは難しいでしょう。

だからこそ『嫉妬しないための自衛』として、避けたり冷たい態度を取ったりすることがあるのです。嫉妬の感情はどうでもよい人には抱きません。裏を返せばそれだけ強い好意を抱いているといえます。

好き避けか単に嫌われているかを見極める方法

好き避けされているだけ」とポジティブに考えてみたものの、「嫌われている可能性も捨てきれない」と不安を感じる人もいるでしょう。好き避けされているのか、嫌われているかを見極める方法を紹介します。

2人きりのときの態度を観察

周囲に人がいると素っ気ない態度を取っていたのに、2人きりになると人が変わったように優しく接してくる場合は、好き避けの可能性が高いです。反対に、周囲に人がいるときはもちろん、2人きりのときも避けられる場合は、残念ながら嫌われている可能性があります。

中には、2人きりのときも恥ずかしくて話せない、緊張で表情がこわばるタイプの人がいるのも事実です。見極めるためには、相手の目をじっと見つめてみましょう。

好意を抱かれていれば、その気持ちを隠そうとして慌てて視線をそらします。一方、嫌われているのであれば、どう思われても構わないという気持ちからゆっくり視線をそらす傾向があるのです。

お願い事をしてみる

「重い荷物を運ぶのを手伝って欲しい」、のように簡単なお願い事をしてみることも見極めるポイントです。

好きな人の頼み事であれば、頼られたことに喜びを感じ、力になりたいと思うでしょう。ぶっきらぼうな返事だったとしても引き受けてくれれば、好き避けされていたと考えられます。

反対に好意を抱いていない相手の頼み事は、自分の時間を割いてまで引き受けたいとは思わないものです。迷惑そうな顔をされる・断られる・無視されるようであれば、嫌いで避けられている可能性があります。

LINEでのやり取りで反応を見る

顔を合わせるとうまく話せない人でも、画面越しにやり取りするLINEであれば問題ないという人も少なくありません。『LINEのトークが自然に弾む』ようであれば、恥ずかしさや緊張から避けられていただけで、好意を抱かれているといえるでしょう。

「社交辞令で返信があるだけかも」と不安を感じる人は、会話が盛り上がったタイミングで軽い食事に誘ってみましょう。OKをもらえるようであれば、脈ありの可能性は高いといえます。

一方、LINEを送っても『返事がない・素っ気ない・既読スルーされる』ようであれば、脈なしと考えるのが賢明です。無理に連絡を取ろうとせず、相手のペースに合わせましょう。

ボディタッチをしてみる

肩や二の腕、背中などにさり気なくボディタッチすることも見極める方法の一つです。

触れたときに嫌がられなければ、好き避けされていると考えられます。恥ずかしがったりすぐに離れられたとしても、大きな抵抗感を見せることはないでしょう。

しかし、嫌いで避けられていた場合は、不快感や怒りの感情を向けられる可能性があります。ボディタッチをするのは、好かれていることを確かめる最終手段にすることがおすすめです。

また、人によっては触れられる行為自体に抵抗がある人もいます。相手のキャラクターを考えてから行動に移すようにしましょう。

好きな人に好き避けされたらどうする?

好きな人に好き避けされると、脈なしではないと分かっていても複雑な気持ちになります。また、どのように接したらよいか悩む人もいるでしょう。好き避けされている相手と接するコツを紹介します。

明るく接し続ける

好き避けする人は、冷たい態度を取りながらも「嫌われたらどうしよう」「このままではダメだ」と内心は葛藤しているものです。基本的には明るく接し続けるようにしましょう。

こちらが冷たい態度を取ると、相手は一気に自信をなくしてしまいます。明るく笑顔で接し続ければ、安心感から心を開いてくれるようになるでしょう。しかし、あまりにも度がすぎる意地悪をされたり自分の気持ちが疲れてしまったりしたら、適度に距離を置くなど自分ができる範囲で対応することが大切です。

自分から好意を伝えるのもアリ

好意を隠してしまう人に対して、こちらも好意を秘めたままでは距離を縮めるのは難しくなります。勇気を出してこちらから好意を伝えることで、相手の気持ちにアタックしてみましょう。

正面から「好きです」「付き合ってください」と伝える方法もありますが、急に距離を詰めようとすると、驚いた相手に拒絶されてしまう可能性も考えられます。直接的に好意を伝えるのではなく、相手のよいところを褒めたり積極的に声をかけたりと、気にかけていることをアピールするとよいでしょう。

相手のペースに合わせることも大切

好意を抱かれている確信がありながら、相手からのアクションがないことにもどかしい思いをするかもしれません。しかし、安易に好意を伝えてこない背景には、相手への思いやりの気持ちが隠されています。

あなたのことを簡単に考えているのであれば、すぐに交際に踏み切ることもできるでしょう。そうしないのは、相手が真剣にあなたのことを考えているサインといえます。

そのため、焦らずに相手のペースを大事にしましょう。ゆっくりと良好な関係を育むことで、円満な交際を目指すのです。

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。