人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

男の子の名前でも人気の「颯」意外と知らない漢字の意味と正しい使い方

2020.10.09

颯は、男の子の名前によく使われる漢字です。名付けランキングに並ぶことが多い漢字なので、「子どもの名前に」と検討している人もいるかもしれません。親の思いや願いを名前に込めるために、漢字の意味についても理解しておきましょう。

颯の読み方と意味

『颯』には、どのような読み方と意味があるのでしょうか?すてきな名前を付けるために、漢字の読み方と意味を正しく理解しましょう。同時に、当て字を知ることで、名付けの幅を広げられます。

「はやて」や「さわ」「そう」

颯は、音読みでは『そう』『さつ』と読み、訓読みでは『はやて』と読む漢字です。名前に使う場合には、ここに挙げた音読み・訓読みだけでなく、当て字として使用されることもあります。

例えば、『はやと』『いぶき』『かける』『はや』『さわ』『さや』といった読み方です。本来の読み方から取ったものや、文字の意味から連想したものなど、工夫して使用されています。名前に颯を使うときには、当て字も参考にするとよいでしょう。

風の吹く音を意味する

偏(へん)に立つを、旁(つくり)に風を組み合わせた『颯』は、風が立つという文字の構成通り、風が巻き起こることを表しています。

また、訓読みの『はやて』も、急に吹く風である『疾風』を意味する言葉です。風といっても、その種類はさまざまです。こもった空気を一掃するすがすがしい風もあれば、力強く吹き荒れる嵐のような風もあります。同じ風の音でも、聞こえ方や印象は全く異なるのです。

どのような風をイメージするかによって、名前に込められる意味合いが変わってくるのも、颯という漢字の魅力といえるでしょう。自分なりの意味や思いを表現しやすい文字です。

男の子の名前に使われやすい理由は?

そう・さつ・はやてなどと読む颯は、なぜ男の子の名前に使用されやすいのでしょうか。その理由を知ることが、名付けのヒントになるかもしれません。

かっこいい、たくましいイメージ

男の子の名前に好評なのは、颯という漢字に『かっこいい』『たくましい』といったイメージがあるからです。

『順風満帆』や『追い風』という言葉もあるように、風の字には勢いが感じられます。そのため、颯にも同様のイメージを抱く人が多いのです。

『英姿颯爽』『威風堂々』『威風凛然』といった風の字が使われた四字熟語も、威厳に満ちあふれたイメージがあり、たくましさが感じられます。

イメージから連想し、「風のように素早く駆け抜けて道を切り開いてほしい」という思いや、「周囲に変化をもたらす風のように、影響力のある人になってほしい」という願いも込められるでしょう。

爽やかな印象がある

颯爽とは、行動がキリっとしていて勇ましい様子です。この言葉の意味から、颯にも『爽やか』な印象を抱きます。

そのため、「明るく爽やかで、誰からも好かれる人になってほしい」という思いを込めて、名前に取り入れる人が多いようです。すがすがしさや、すっきりした雰囲気も感じられる名前でしょう。

爽やかさと勇ましさを兼ね備えた人物像は、部活にも勉強にも励む文武両道な人を連想させます。何事にも一生懸命取り組む、しっかりした人物というイメージです。

周りのお手本になれる人に育ってほしい、何事にも精一杯取り組む人になってほしい、勉強も部活も同じくらい大切にしてほしい、という願いがある場合に向いているでしょう。

名付けランキングでも上位

かっこいい・爽やかなイメージのある漢字、颯が名前に使えるようになったのは、1990年からです。その後、男の子の名前に使用する漢字として人気が高まりました。

実際にランキングをチェックすると、颯を含む名前は、毎度上位にランクインしています。今では名付けの定番になったといってもよいでしょう。

それだけ多くの人が名前に使いたいと思う、ポジティブな意味やイメージのある漢字です。

颯を使った名前を付けよう

では、実際に颯を使った名前には、どのような名前があるのでしょうか?評判の良い名前を参考にして、名付けに取り入れてみましょう。漢字の意味に合う、かっこいい雰囲気の名前を付けられるはずです。

漢字一文字のみも人気

颯を使った名前は、漢字一文字だけで名付けるシンプルな名前が人気です。読み方は、訓読みの『はやて』だけでなく、『かい』『さつ』『そう』『はやと』などがあります。

一文字のみというシンプルさと、漢字そのものが表す爽やかさや勇ましさが相まって、『潔い雰囲気』のある名前です。読み方も、文字の見た目も、すっきりとしたセンスの良さが感じられます。

颯を使った命名例

他の漢字と合わせても、すてきな名付けができます。人気の高い漢字の組み合わせと読み方は、下記の通りです。

  • 颯汰(そうた・はやた)
  • 颯佑(そうすけ)
  • 颯斗(そうと・はやと)
  • 颯真(そうま)
  • 颯志(そうし)
  • 颯希・颯貴(さつき)

颯の持つ意味やイメージと、親の思いや願いを端的にまとめた名付けが人気です。

例えば、颯汰の汰には、『たっぷりの水で洗い流すように悪いものを取り除く』という意味があります。颯の爽やかな印象と合わせることで、真面目・誠実・正直などの意味を持たせられるでしょう。

また、颯志のように志を付けた名前では、強い意志力を感じさせる名付けができます。

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。