人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イヤホンジャックのないiPhone XやiPhone11で音楽を聴くならどんなイヤホンがいい?

2020.05.25

iPhoneシリーズは、2016年に発売されたiPhone 7からイヤホンジャックを廃止した。以来、現在発売中のどのiPhoneにもイヤホンジャックは装備されていない。まだ手元に愛用のイヤホンをお持ちの方も多いと思うが、iPhoneシリーズではもう使えないのだろうか? 今回はiPhoneにまつわるイヤホン事情を整理してみよう。

イヤホンジャックはiPhone 7以降で廃止

iPhoneのイヤホンジャックはiPhone 7から廃止されたが、「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が本体に同梱されていた。現在は別売とされている。

【参考】Appleオンラインストア詳細ページ

iPhone 8などイヤホンジャックアダプタが発売途中から同梱されなくなった

「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」は、iPhone 8の発売初期は同梱されていたが、途中から別売となった。

イヤホンジャックの変換アダプターはiPhone X以降でも使える?

Lightningコネクタと3.5 mmのヘッドフォンジャックを変換する「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」は、iPhone XやiPhone 11などでも使用可能だ。iPod touch、iPad、iPhoneなど、Lightningコネクタを搭載し、iOS 10以降に対応する全てのデバイスで使える。

iPhoneにピッタリのワイヤレスイヤホン「AirPods」

2016年9月に発表されたApple純正ワイヤレスイヤホンが「AirPods」だ。

一般的には完全ワイヤレスと呼ばれる、左右が有線でつながれないBluetooth接続のイヤホンだ。また2019年3月には、ワイヤレス充電ケースも用意される第二世代へと進化している。

【参事】人気声優が太鼓判!新型「AirPods」は毎日手放せなくなるほど使い勝手抜群だった

AirPods(Apple)

最新のApple純正ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」

そして2019年10月、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した「AirPods Pro」が発売された。一番の特徴は、外向きのマイクが外の音を検出。周囲のノイズを分析し、リスナーの耳に届く前に、相殺する同音量のアンチノイズを発生する。さらに、2つめの内向きのマイクが耳に向かって音を拾い、残りのノイズを相殺する。
AirPods ProはSiriに対応するなど、iPhoneとの連携を武器に他社製品と差別化をしている。

【参考記事】2万7800円は安い?高い?ノイキャン対応の「AirPods Pro」を使ってわかった○と×

AirPods Pro(Apple)

iPhoneと連携していればワイヤレスイヤホンのマイクで通話も可能

ハンズフリーの「Hey Siri」で曲を再生したり、電話が掛けられたり、道案内を聞ける。

iPhoneとの連携はApple純正のワイヤレスイヤホンなら全部できる?

AirPods/AirPods Proともに、iOSの最新バージョンを搭載したiPhoneがシステム条件となる。

【参考】やっぱり同じメーカーのほうがいい?愛用スマホと相性がいいイヤホンの選び方

iPhone Xや11でも使える、純正ではないイヤホンはあるのか?

サードパーティーからもLightningコネクタを利用する有線イヤホンや、Bluetoothで接続するワイヤレスイヤホンが発売されている。

iPhone Xや11との相性は抜群! Beats by Dr. Dreの有線イヤホン

Beatsのヘッドホンやイヤホンは、日本でもとても人気がある。製品に描かれた「b」の文字で覚えている人も多いことだろう。

Beats Electronicsは、2014年5月にAppleに買収されている。以来、共同開発でApple製品と相性の良いオーディオ製品をリリースしてきている。

今回紹介したのはLightningコネクタに対応した有線イヤホンだが、ほかにも多数ラインナップしている。Apple純正のイヤホンに準ずる互換性を持ちながら、純正品とは違った特徴の製品を多くリリースしているのがBeatsの魅力だ。

【参考】Appleオンラインストア詳細ページ

百均でiPhone X や11に使えるイヤホンを見つけたい!

Apple 純正品やBeatsの製品はちょっと高いという人もいるだろう。100円ショップにiPhone X や11で使えるイヤホンはないのだろうか?

残念ながら、Lightningコネクタを装備したイヤホンやイヤホンジャックを変換するアダプターはなかった。Bluetoothイヤホンは発売されているが、価格は500円(税抜き)となっている。では、Amazonはどうだろう?

iPhone X や11に使える便利なイヤホンアダプタが、Amazonにはある!

例えばJawweの変換アダプターは、イヤホン変換アダプターと急速充電に対応したLightningコネクタを装備している。これならお気に入りのイヤホンで音楽を聴きながら、iPhoneの充電もできる。Amazonにはこのほかにも、便利機能を装備した変換アダプターがいくつも見つかる。自分の目的に合った製品を探してみてはいかがだろうか。

【参考】Amazon製品詳細ページ

コードがわずらわしくないワイヤレスを選ぶか、音質が気に入っていて使い慣れた愛用のイヤホンを使うか。音にこだわる人にとっては重要な問題だ。時代の変化を見据えて早々にイヤホンジャックを廃したiPhone。新しいテクノロジーの開発に今後も期待したい。

※データは2020年4月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。