人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実力はほぼ互角!?新型「iPhoneSE」と「iPhone 11 Pro」のカメラ機能を徹底比較

2020.05.07

iPhoneSEのカメラは28mmレンズを搭載!

第2世代のiPhone SEが遂に登場と思いきや、名前はSEだがボディサイズは大きくなり、名ばかりの廉価版のようにも見える。アップルストア価格は64GBモデルで4万4800円と、SIMフリーでU5万円を実現。今回はそのカメラ機能を検証したい。比較するのはハイエンドのスペックを誇るiPhone 11 Proと初代iPhone SEである。

予想では第2世代iPhone SEのカメラ機能はiPhone 8と同等であると思われる。しかし、搭載するCPUはiPhone 11 Proと同じA13 Bionicなのでソフトウエアは最新版である。そのカメラ機能の実力はどこまで11 Proに迫れるのだろうか?

左から初代SE、2世代SE、11 Proのカメラのインターフェイス。2世代SEにはナイトモードがないことを除いて、11 Proと同じであることが分かる

29mm、28mm、26mmと広角は進化する

スマホの広角レンズは年々、ワイド化の傾向にある。しかし、これにも限度があってiPhone 11はデュアルレンズを搭載して広角26mmと超広角13mmの2つの画角を手にした。これは素晴らしい判断で、一眼レフやミラーレスの上級者でも手に入らない13mmという広い画角をスマホで使えるようになった。超広角好きの私も速攻で11 Proユーザーになった。

これに対して初代SEのレンズは29mm、2世代SEは28mmである。29mmは、ほぼ30mmなので広角と呼ぶに心許ない。28mmであれば合格である。5倍のデジタルズームが使えるので望遠側は140mmまでとなる。11Proは約270mmであり、望遠はやや物足りなさを感じる。

11Proと広角レンズで画質を比較してみると、晴天、順光、屋外であれば、解像感は同等だった。発色は2世代SEのコントラストが強めで、鮮やかに見えた。

iPhone 11 Proの超広角13mmレンズ。1/320sec F2.4 ISO20

iPhone 11 Proの広角26mmレンズ。1/390sec F1.8 ISO32

iPhone 11 Proの望遠52mmレンズ。1/160sec F2.0 ISO20

2世代SEの広角28mmレンズ。1/270sec F1.8 ISO20

2世代SEの5倍デジタルズーム使用時。初代と比較すると解像度が高く細部のつぶれが少ない。1/120sec F1.8 ISO25

初代SEの5倍デジタルズーム使用時。草や木の模様を見ると解像度が粗いことが分かる。1/180sec F2.2 ISO25

11Proの5.25倍ズームを望遠レンズで使用。焦点距離が違うのでかなりアップで撮れる。 1/120sec F2.0 ISO25

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。