人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

絶妙なサイズ感!ダイハツのジャストサイズSUV「ロッキー」の買い得度

2020.03.22

ダイハツ『ロッキー』

ここ数年、続いたSUVブームに新たな潮流が生まれそうだ。日本のユーザーにとって使いやすいジャストサイズのSUVは、果たしてブレークするのか? その実力を確かめてみた。

 ここ数年続いたSUVブームも一段落した感がある。2019年の国内新車販売台数を見ると、上位20車種に入っているのは、SUVはホンダ『ヴェゼル』とトヨタ『C│HR』の2台だけ。人気だったのはトヨタ『プリウス』や日産『ノート』のようなコンパクトハッチバックだ。

 そのほか、1BOXカーや軽のハイトワゴンが上位を占めている。そんな中、2020年に入って、新しいカテゴリーが拡大の兆しを見せている。それが排気量1LクラスのコンパクトSUVだ。各社が新型車を投入し、市場も敏感に反応しているようだ。

 遡ると、国産車では2017年にスズキが『クロスビー』を投入。軽自動車『ハスラー』をそのまま大きくしたスタイリングで、軽自動車にはない高速走行の安定感や静粛性をウリとして新しいユーザーをつかんだ。考えてみれば、SUVブームとコンパクトカー人気が相まって生まれた〝コンパクトSUV〟というカテゴリーが生まれたのは自然な流れともいえる。

 そこにいち早く目をつけたのが、スズキだった。スズキを追うダイハツも最近1Lクラスの排気量のSUV『ロッキー』を市場に投入。同社の軽自動車『タント』に初めて採用した新しいプラットフォーム「DNGA」の2台目となる。ちなみにこれはトヨタの『ライズ』にも採用されている。

 全長4mを切るコンパクトなボディーだが、独自のパッケージング技術で広々として室内空間を確保。また1Lクラスのターボエンジンも高速道路を軽快に走ってくれた。

 だが、このサイズのエンジンを搭載したSUVは国産車だけではない。実は2017年にアウディが『Q2』を投入。さらに昨年末、フォルクスワーゲンも『T│Cross』を発売した。

 以前から同じグループのアウディが先行して市場の動向をリサーチし、VWが新技術を採用するというパターンが多かったが、今回もその手法を踏襲。試行錯誤を繰り返して造られた『T│Cross』は最初から完成度の高いクルマとしてデリバリーされた。今回試乗したのは、上級グレードだったが、廉価版は299万9000円という価格となっている。

 欧州市場でのSUV人気も大排気量からコンパクトにシフトしている。日本でも、扱いやすくて小排気量=省燃費のコンパクトSUVがこれから流行しそうだ。

ダイハツ『ロッキー』

Specification
■全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm
■ホイールベース:2525mm
■車両重量:970kg
■排気量:996cc
■エンジン形式:3気筒DOHCターボ
■最高出力:98PS/6000rpm
■最大トルク:140Nm/2400~4000rpm
■変速機:CVT
■燃費:18.6km/L(WLTCモード)
■車両本体価格:200万2000円
※G 2WD

ダイハツ『ロッキー』

フロントマスクは3パターンを用意。写真はパワフルスタイルでアンダーガード付き。ほかに、メッキ部分を多くしたエレガンスと車体色のエアロを装着したスポーティーがある。

ダイハツ『ロッキー』

全長は4mを切っているが、全高は1620mmで室内の圧迫感はない。ボディーカラーは全8色。ブラックルーフのツートンも3色ラインアップ。17インチの大径ホイールが印象的。

ダイハツ『ロッキー』

全幅は1695mmで5ナンバー枠に収まっている。最近の新型車はサイズが拡大しているが、やはり日本の道路では全幅1700mm以下だと使いやすい。FF、4WDともに最低地上高は同じ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。