人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アストンマーティン「Vantage」ファミリー誕生70周年!歴代の名車を振り返る

2020.03.19

V8 VantageとV8 Vantage Zagato

次に登場したのが、初代アストンマーティンV8 Vantage。このクルマは、先代モデルとはまったく異なるエンジニアリングおよびパフォーマンス面の特徴を備えていた。

1977年の発表当時、このクルマは“英国初のスーパーカー”と称賛された。0~60mph(約96km/h)加速ではフェラーリ・デイトナを打ち負かし、最高速度は170mph(約274km/h)に達した。

エンジンは、ラゴンダが当時製造していたラグジュアリーセダン用と同じものだったが、高性能カムシャフト、高圧縮比、大径化されたインテークバルブ、新設計されたマニホールド、大型キャブレターなどを組み合わせることにより、出力が向上していた。

V8 Vantageは、英国製の高性能スポーツカーとして、その車重をものともしないパフォーマンスを発揮。自動車雑誌によるロードテストによると、“保守的な”デザインのVantageは、ランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ512BB、ポルシェ911ターボといった同時代のライバルを上回る性能を見せたという。

この世代のVantageが大幅なパフォーマンス向上を果たしたのは、300bhp台のパワーを叩き出したV8エンジンへのアップグレードによるものだ。

キャブレターは、より大型のウェーバー製48 IDFが採用され、インテークマニホールドも改良。大径化されたバルブ、デザインを見直したエキゾーストマニホールド、改善されたカムシャフトと高圧縮比により、馴らし運転が終了したこのエンジンは、380bhpを発生する能力を備えていた。

しかし、アストンマーティンは、その強力な最高出力を、いかにも英国らしい控えめな表現で、“適切なパワー”と説明していた。

V8 Vantageのシャシーは、アジャスタブルタイプのKONIダンパー、短縮したスプリング、大径フロント・アンチロールバーによって剛性を引き上げていた。255/60 VR15ピレリCN12タイヤを装着するため、スペーサーを入れてトレッドが拡大された。

空力特性の最適化を図るため、エクステリアは明確に差別化。標準バージョンのAM V8と比べ、V8 Vantageはフロントエアダム、完全に塞がれたグリルに設置されたシビエ製H4ツイン・ドライビングライト(ラジエーター用の冷却エアはバンパー下から導入)、リアのブーツリッド・スポイラーなどを特徴としていた。

これらの空力パーツは、リフト(揚力)を低減させるために不可欠。もう1つの大きな特徴としては、ダウンドラフト・キャブレター上に設置された大型エアボックスを覆うために必要な、ボンネットバルジの採用が挙げられる。

V8 Vantageは、30年間にわたって大きな進化を遂げ、1990年に5.3リッター・エンジンを搭載した“X-Pack”仕様が発表されて一つの時代が終わりを告げる。

このモデルは、よりボディの短い、先進的で非常に希少なV8 Zagatoサルーンのベースとしても使われた。この世代のVantageは、アストンマーティン・ラインナップの絶対的な頂点に君臨するモデルであり続けた。

Vantage(スーパーチャージドVantage)

1990年代のアストンマーティンは、引き続き“スーツを着た野獣”と評されるスポーツカーを製造することに情熱を傾けた。

その結果として登場したのが、Virageをベースとした1993年のVantage。このモデルは“スーパーチャージドVantage”の異名を取り、後に新世代のV8 Vantageへと引き継がれる。

あらゆる意味で重量級といえるこのVantageの車重は、1,990kg。ヘッドライトは6灯式で、フロントには巨大な直径362mmのベンチレーテッド・ディスクブレーキと4ピストンAPレーシング・キャリパーが組み合わされていた。これはその当時、ロードカーに搭載された最強のブレーキ。

このように贅沢な装備を持つグランドツアラーには、強大なパワーユニットが必要だ。このモデルには、5,340cc V8エンジンにイートン製スーパーチャージャーを2基組み合わせた。

最高出力550bhp、最大トルク550 lb-ftを発生したこのパワーユニットは、市販車に搭載されるものとして世界最強を誇った。1998年後半にデビューしたV600バージョンでは、さらに出力が50bhp強化されている。

最高速度は186mph(約300km/h)に達し、0~60mph(0~96km/h)加速は4.6秒。高速走行テストでは、200mph(約322km/h)に迫る最高速度が記録されたと噂されている。

スペシャル・エディションのV550、V600およびV8 Vantage Le Mansなども投入され、2000年10月の生産終了に至るまで、この世代のVantageは新鮮さを失わなかった。

DB7 V12 Vantage

1999年のジュネーブモーターショーでデビューしたDB7 V12 Vantageが、次世代Vantageのエンブレムを掲げるモデルとなった。

世界的に有名なデザイナーのイアン・カラムによって完全に新しくデザインされたこのクルマは、フォード・リサーチ&ビークル・テクノロジー・グループおよびコスワース・テクノロジー社との緊密な協力体制によって開発されたオールアルミニウム合金製5.9リッター48バルブ V12エンジンを搭載し、420bhpの最高出力、400 lb-ftの最大トルクを発生。

シャシーも強化され、当時としては非常に斬新なフロントおよびリア・サスペンションのセットアップを採用していた。

このモデルが登場するまで、アストンマーティンVantageは、標準仕様のエンジンを搭載していたが、DB7 V12 Vantageはそれらと一線を画した新しいエンジンを採用し、直列6気筒エンジンを搭載したVantageともまったく異なるモデルに仕上っていた。

その結果、非常に印象的なパフォーマンスが実現。当初は、クロスレシオの6速マニュアル・トランスミッション(最高速度184mph(約296km/h)、0~60mph加速5.0秒)または5速オートマチック・トランスミッション(最高速度165mph(約266km/h)(リミッター作動)、0~60mph加速5.1秒)の2つの選択肢が用意されていた。

しかし、2000年以降、ZFとの共同開発で高い評価を得た“タッチトロニック”システムも選択できるようになった。

ブロックシャム工場で4年半にわたって製造されたDB7 V12 Vantageクーペの生産台数は2,091台に達し、VolanteおよびGTと合計した数字は、アストンマーティンにとって新記録となった。最後のDB7 V12 Vantageは、2003年にブロックシャム工場からラインオフされた。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。