人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Google Chromeの動作が明らかに重いと感じた時の対処法

2020.03.19

Webブラウザ占有率1位のGoogle Chrome。利用している人も多いのではないだろうか。しかし、長く利用していると、少し動作が重くなってしまうことがあるかもしれない。そこで今回はGoogle Chromeが重くなってしまった時の原因と対処法をみていこう。

Google Chromeとは?

Google Chromeとは、Googleが提供しているWebブラウザだ。Windows/Macはもちろん、iPhoneやAndroidスマホ版のアプリも配信されている。

【参照】Google Chrome

Google Chromeが重い時の原因と対処法!

それでは早速、Google Chromeが重い時の原因と対処法を見ていこう。なお、以下に記した対処法を試す前に、本当にChromeだけ動作が重いかどうかを、しっかり確かめておいてほしい。
(例)インターネット環境の不調、特定のサイトが重い、など。

パソコン版Google Chromeが重い時の原因と対処法は?

まずはパソコン版Google Chromeが重い時の原因と対処法から見ていこう。まず、考えられる原因として挙げられるのが、キャッシュなどの不要なデータが大量に溜まってしまい、円滑な動作を阻害しているパターンだ。また、パソコンの処理能力の限界までタブを開いていたり、ほかのソフトを稼働させていたりすると、動作が重くなる可能性が高い。

パソコン版Chromeが重い時の対処法:タブを閉じる

調べ物などをしている時に、ついやってしまうのが開いたタブを閉じずに使い続けること。多くのタブを開いた状態だと、パソコンのメモリ使用率が上がり、結果としてその動作を重くしてしまう可能性が高い。なるべく不要なタブは閉じるように心がけよう。

パソコン版Chromeが重い時の対処法:キャッシュ/履歴を削除

Chromeに限らず、Webブラウザはキャッシュやcookieが溜まっていると、動作が重くなる傾向にある。Google Chromeから設定 chrome://settings/ を開き、「プライバシーとセキュリティ」から「閲覧履歴データの削除」を選択。削除したい項目にチェックを入れ、消去する期間を選択。最後に「データを削除」をクリックすればキャッシュデータや履歴は削除できる。

パソコン版Chromeが重い時の対処法:ほかのソフトを閉じる

ほかのソフトが多数稼働していると、Chromeに限らず全体的にパソコンの動作が重くなる傾向にある。また、多くのパソコンでなくとも、処理に多量のメモリを使うソフトを稼働していると、動作は軽くならない。これらはパソコンのスペックにもよるので、一概に断定はできないが、メモリを大量に使うソフトを起動する場合は、Chromeをはじめほかのソフトはなるべく利用しないようにしよう。

パソコン版Chromeが重い時の対処法:パソコンを再起動

上記を試してみて、まだChromeが重い時は、1度パソコンを閉じてみて再起動してみれば良い。すると不要なデータなどがクリーニングされ、操作が全体的に円滑になるかもしれない。

Android/iPhone版Google Chromeが重い時の対処法

続いてはAndroidスマホ版もしくはiPhone版Google Chromeアプリの動作が重い時の原因と対処法を探っていこう。なお、スマホ版アプリの場合は通信環境が原因である場合も考えられるため、1度ほかの通信を行うアプリで、問題がないか確かめてみるのも良いだろう。

スマホ版Chromeが重い時の対処法:スマホを再起動

パソコン版と同様にスマホを再起動してみると、不要なデータなどが消去されて、動作が軽くなるかもしれない。もし、何かしら再起動できない理由がある場合は、設定アプリから、メモリの確保を試してみよう。
※機能は機種による。

スマホ版Chromeが重い時の対処法:タブを閉じる

こちらもパソコン版と同じく、多くのタブが開いていると動作が重くってしまう可能性がある。特にスマホ版アプリの場合は、パソコン版と異なり開いたタブの数がわかりにくく、そのままにしてしまうということがあるだろう。気がついた時には、なるべく不要なタブを閉じるようにしよう。開いているタブの数は、画面右上(上図参照)でチェックできる。

スマホ版Chromeが重い時の対処法:キャッシュを削除

キャッシュを削除すると、動作が軽くなるかもしれない。Chromeアプリを開いて画面右上の「…(縦)」をタップ。次に「設定」をタップし、さらに「プライバシー」を選択。最後に「閲覧履歴データの削除」をタップすれば、履歴・キャッシュデータの削除画面が表示される。不要と思われる項目にチェックを入れ、「データを削除」を選ぼう。

スマホ版Chromeが重い時の対処法:アプリを削除

バックグラウンドで大量のアプリが稼働していたり、メモリを大量に使うアプリがインストールされていると、Chromeの動作に支障をきたすかもしれない。なるべくなら使っていないアプリは閉じて、不要なアプリはアンインストールしてしまおう。

※データは2020年3月初旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/高見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。