小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

猫住職に、猫絵師による、猫アート!?猫愛が深すぎる京都の「猫猫寺」

2020.02.29

しかし猫カフェにあらず

こう書いていると勘違いされそうだが、猫猫寺は猫カフェではない。猫雑貨ショップ、和室カフェ、アートギャラリーが三位一体となった空間だ。入口で靴を脱いであがって最初に目にするのは、ところせましと陳列されている猫雑貨(と若干の犬雑貨)。これらは、猫猫寺の運営者が、昔から知己のある作り手から仕入れたものが大半だそうで、ここでしか買えないものがほとんど。

猫猫寺の雑貨販売スペース

カフェスペースは畳敷きの広間で、自家焙煎コーヒーやソフトドリンクなど飲み物のほかに、看板メニューであるカレー(「猫猫寺カレー」と「ベジカレー」)がある。デザートにおすすめなのが、猫型ロールケーキと肉球マシュマロがかわいい「プリンにゃらモード」だ。

写真映えもして人気の「プリンにゃらモード」(コーヒーは別途)

そして、カフェスペースの隣室が「本堂」。ここに、入口ポスターに写っていたご本尊「大日猫来」の像が鎮座する。

猫猫寺ご本尊「大日猫来」像

店のちらしの裏に説明があり、「この大日猫来様の眼力には秘密があり、ご参拝の皆様がどの位置から拝まれても22方にらみで、しっかりと目を合わし喜びを招いてくださいます」とのこと。「22」は「にゃんにゃん」で、猫猫寺ではありがたい数字とされている。

「22方にらみ」で、斜め横から拝しても、こちらを見つめている…

若き猫絵師の描いたアートに心奪われる

そして、圧巻なのがアートギャラリー。地階の洋間を含め、猫猫寺の室内のいたるところに、猫アートが飾られている。多くは1点ものの絵画だが、なかには襖絵や立体造形もある。

作者は、弱冠二十歳の猫絵師・加悦雅乃(かやみやの)さん。猫猫寺の管長・加悦徹さんの一人息子で、物心ついたときから猫絵を描き始め、十代の間にフランスの国際公募展の「サロン・ドートンヌ展」に最年少で入選するなど、大きな実績を築いている。

父親の徹さんは、この道30年の神社仏閣のベテラン彩色師。全国のお寺や神社に関わるあらゆる彩色を手掛けている。

猫猫寺の管長・加悦徹さん

もともと彩色師一筋であった徹さんが、猫猫寺を立ち上げるきっかけとなったのは、東日本大震災だという。この惨事をきっかけに「自身の生き方を見つめ、自分たちが楽しいと思うことを発信しよう」と家族会議を開いた。そうして家族全員が大の猫好きであることから、猫雑貨の店をオープン。猫猫寺は、さらにそれを多方向へと発展させたコンセプトの店となる。

猫猫寺の界隈には、目立つ観光スポットもなく、「ついでに行ってみる」ような所ではない。それでも、SNSなどの口コミで国内外から多くの人がやってくるのは、猫愛あふれるユニークな店づくりが、人々の関心を惹きつけるからにちがいない。猫好きなら、京都観光の折に立ち寄っておきたい、おすすめスポットだろう。

・猫猫寺公式サイト:https://nyannyanji22.www2.jp/

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。