人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今、大人気!200万〜300万円台で購入できるコスパ最高のキャンピングカー7選

2020.02.26

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

2020年1月31日〜2月2日の3日間、幕張メッセで日本最大級のキャンピングカーショー「ジャパンキャンピングカーショー」が開催された。

会場には軽キャンピングカーからモーターホーム、トラベルトレーラーなど300台以上のキャンピングカー、車中泊カーが集結。どれも興味深いコンセプトのもとに製作されており、予算が潤沢なら、豪華で快適な車両は選びたい放題。

今回は初めてのキャンピングカー・車中泊として手を出しやすい350万円以下で、日常的に使いやすく、ベッド展開が楽な車両が多数見られたので、人気の理由を探ってみた。

ブロー/ルートライダー

日産のクリッパーがベースだが、アメリカっぽいスタイルは唯一無二。かわいい丸目が会場でもひときわ目立っていた(展示車両:249万5000円)。

車内に厚みのあるベッドマットを敷き詰めた車中泊カー。軽自動車ならこれくらい潔く、スッキリしているほうが使いやすいか。オレンジ色のベッドマットがボディーカラーとマッチしているのも好印象だ。

日産ビーズフィールドクラフト/ピーズ リラクス

NV200バネットがベースで、キャンピングカー専用のセカンドシートを搭載。対面型のダイネットにもなり、ドライブ中の休憩では自宅感覚でくつろげる。(展示車両:272万2364円)

セカンドシートをフラットにして、アルミフレームが組まれたラゲッジの上にベッドを載せるだけ。左右のキャビネットは薄いため、車内が広く感じる。ベッド下は仕切りのない大きな収納を確保。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。