人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アメリカで人気の「CBD」って何?東京に上陸したCBD専門店の気になる商品ラインナップ

2020.02.16

ついに東京にもオープンしたCBD専門店

すでにアメリカでは、ニューヨークのミレニアル世代から支持を得ているビーガンフードカフェ「by CHLOE」がCBD入りスイーツを販売したり、ニューヨークのお洒落ホテルとして名高い「Ace Hotel」内にあるバー「The Breslin」でCBD入りカクテルが提供されていたりと、CBD入りフードの人気が高まっています。

日本でも徐々にCBDの知名度は上がっており、2020年2月1日に「HealthyTOKYO」が、日本で初のCBD専門店&カフェをオープンしました。

2016年に日本で初めてCBDオイル商品を販売し、CBDのパイオニア的存在であったHealthy Tokyo。今までオンラインでCBD製品を販売していたHealthy Tokyoですが、外国人の方を中心に「お店で販売して欲しい」という声が多く出てきて、今回店舗を開いたとのこと。

店内には、日本オリジナルのCBD製品がズラリと並んでいます。

濃度が低めのCBDオイル(2%濃度)は、20mlで14,500円。6%濃度のものは20mlで19,500円となかなかのお値段。



さらにペット用のCBDオイルも販売されています。旅行などでペットを車や電車に乗せる際に、リラックスさせるためにCBDオイルを塗るのだとか。こんな高価なオイルを塗ってもらえるなんて、何て贅沢なペットでしょう!

CBDオイル以外にも、手作りのCBDオイル入りスイーツやドリンクも提供されています。

一見普通のケーキに見えますが、ここに並んでいるものは全てビーガンスイーツ。卵や牛乳を一切使用していないスイーツです。

そして棚の左上にある、この小さなチョコレートには10mgものCBDオイルが含まれています。

「最も多くのCBDが含まれたスイーツを食べてみたい」と言ったところ、出してくれたのはこのブラウニー。

45mgものCBDが含まれたブラウニーでお値段1,600円。

心身共に疲労が溜まっている時に実際にブラウニーを食べてみましたが、気持ちが少し和らいだような、そうでもないような…「病は気から」と言いますが、「身体に良い気がする」と思って食べることが大事なのかもしれません。

スイーツの他にもCBDドリンクも用意されています。(CBDオイルをショットで追加するので、CBD抜きでも注文可)

まさにCBDを学び、体験し、感じる場となっています。

世界で拡大するCBDマーケット

2014年から2022年にかけて、アメリカのCBD製品の売上高は約20倍にも成長すると予測されています。

https://www.statista.com/chart/17550/projected-growth-cbd-sales-in-the-us/

この驚異的な成長は、「ゴールドラッシュ」ならぬ「グリーンラッシュ」と呼ばれ、世界中の投資家達がCBD市場に注目しています。

今後日本でもCBD入りフードの需要が高まっていくのかに注目です。

文/小松佐保(Foody Style代表)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。