人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneの通信回線がなぜか3Gに!4Gに戻らない時の対処法

2020.02.10

まれにiPhoneの通信機能に不具合が発生し、4G LTE対応なのに3G通信しかできず、通信速度が遅くなってイライラ……という事態になる場合があります。また、場所によっては3G通信しか入らないこともあります。そんな時に、まずは試してみるべき対処法をご紹介します。

iPhoneのモバイルデータ通信が3G回線になる場合

 今の日本では、全国どこに行っても、ほぼ4GのLTEによるデータ通信が行えるようになりました。iPhoneが4Gに対応したのはiPhone 5から。今販売されているiPhoneは、すべて4Gの通信に対応しています。しかし、まれに3G回線につながってしまい、快適に通信できなくなる現象がSNSなどで報告されることがあります。

 iPhoneが3G回線につながってしまう原因としては、4Gの電波が届かないエリアにいる、iPhoneが4Gの電波をつかまない設定になっている、iPhoneに不具合がある、通信障害があるといったことが考えられます。

 iPhoneに深刻な不具合がある場合、通信障害がある場合は、メーカーや携帯電話会社からなんらかの報告があり、ソフトウエアアップデートや端末の修理・交換などが行われるはずです。そういったことがない場合は、以下の方法を試してみましょう。

・4Gの電波が届いているエリアか確認

 今は日本全国、ほぼ4Gの電波が届いていますが、それでも地方の山や海、都会でもビルの中や地下では4Gの電波が届かず、3G回線にしかつながらないことがあります。場所を移動して4Gの電波をつかむか確認してみましょう。

・機内モードをオン/オフする

通信状態が悪い時は、1度通信をオフにして、再びオンにするとスムースに接続する場合があります。通信をオン/オフする簡単な方法は機内モードをオン/オフすること。コントロールセンターにある飛行機のアイコンをタップし、オン/オフしてみましょう。

・iPhoneを再起動する

端末の一時的な不具合は、iPhoneを再起動することで解消される場合があります。iPhoneの電源を切り、再び電源をオンにしてしましょう。

iPhone X、XSシリーズ、XRシリーズ、11シリーズの場合、電源を切るにはいずれか片方の音量調節ボタンと、iPhoneの右側面にあるサイドボタンを同時に、電源オフスライダが表示されるまで長押しします。スライダをドラッグすると30秒ほどで電源が切れます。電源を入れるには、サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しします。

iPhone 8、7、6の場合は、サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押しします。電源をオンにする場合も同じです。

iPhone SE、5以前の場合は、iPhone上部のボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押しします。電源をオンにする場合も同じです。

・iPhoneが3Gを利用する設定になっていないか

 設定したつもりがなくても、なぜかiPhoneが3Gの電波しかつかまない設定になっている場合があります。モバイル通信設定を確認してみましょう。携帯電話会社やiPhoneの使い方によって画面の表示内容が異なる場合がありますが、以下を参考にしてください。

docomoのiPhoneで3G回線になる場合

4Gネットワークに接続できるエリア内で、設定の「モバイル通信」を選択し、「モバイルデータ通信」がオンになっていることを確認後、「通信のオプション」→「音声通話とデータ」で「3G」にチェックが入っていないか確認しましょう。「4G,VoLTEオン」をタップすることで4G回線が利用できます。

auのiPhoneで3G回線になる場合

auはiPhone XまたはiPhone 8/8 Plus以降、国内で3G通信が行えなくなっています。4Gのエリアが整っているので、3G通信ができなくとも問題ないという自信の表れかもしれません。

iPhoneでも4G通信のみの設定となっており、iPhone 8/8 Plus以降はドコモやソフトバンクのように3G、4G回線を選択するような設定画面がありません。

4Gに接続できない場合は、Wi-Fi通信以外できなくなります。機内モードのオン/オフやiPhoneの再起動を試してみましょう。

ソフトバンクのiPhoneで3G回線になる場合

4Gネットワークに接続できるエリア内で、設定の「モバイル通信」を選択し、「モバイルデータ通信」がオンになっていることを確認後、「通信のオプション」→「音声通話とデータ」で「3G」にチェックが入っていないか確認しましょう。「4G,VoLTEオン」をタップすることで4G回線が利用できます。

iPhoneの通信方法で3Gと4Gを切り替えられる?

前述の通り、最近のau版iPhoneは3G通信に対応していないので、3Gと4Gを切り替えることができませんが、ドコモ版とソフトバンク版のiPhoneは3Gと4Gを切り替えることができます。

iPhoneのデータ通信を3G回線にする

設定の「モバイル通信」で「通信のオプション」→「音声通話とデータ」と進み、「4G,VoLTEオン」「4G,VoLTEオフ」「3G」から「3G」選択すると、3Gで通信できます。

※データは2020年1月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/房野麻子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。