人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もうひとつの主役たち、「東京オートサロン2020」に華を添えたコンパニオンを紹介

【東京オートサロン2020レポート Part.1】
GRヤリス、レヴォーグ プロトタイプ STI Sport、スイフトスポーツ カタナエディション、東京オートサロン2020で話題を集めたモデル大集合
https://dime.jp/genre/847217/

【東京オートサロン2020レポート Part.2】
NSX-GT、シビック タイプRほか話題のクルマがずらり!東京オートサロンで最も熱気を感じた「HONDA/無限」ブース
https://dime.jp/genre/848869/

世界最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン2020」が、今年も1月10日〜12日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催され、3日間の合計来場者数は33万6060名と過去最高の動員数を記録した。

チューニング雑誌「Option」の初代編集長である稲田大二郎さんが発起人となり、1983年よりスタートしたこの「東京エキサイティングカーショー」(※1987年以降「東京オートサロン」に改名)。

当初は、暴走族や違法改造車などとオーバーラップして批判が渦巻く中、「チューンドカーの市民権を勝ち取る」というコンセプトを掲げてスタート。その後、徐々にチューニングカーやドレスアップカーへの認知度が高まり、近年では自動車メーカーが積極的に参加することにより不動の人気に。

「東京モーターショー」への参加をやめた輸入車メーカーの中には、走るのが好きでチューニングしたり、カスタムに興味があるなど“真のクルマ好き”が「東京オートサロン」には集まるという理由で、参加するほどになっているのだ。

ということで前回のPart.1Part.2に引き続き「東京オートサロン2020」について、輸入車メーカーのブースを中心に気になったクルマ、さらにコンパニオンをざっと振り返ってみたい。

アストンマーティン

前回に引き続き2度目の出展となるアストンマーティンのブースでは、昨年11月に発表されたばかりのブランド初のSUVモデル「DBX」を展示。

全長5039mm、全幅1998mm、全高1680mmのボディに最高出力550PS、最大トルク700Nmを発生する4.0LのV8ツインターボエンジンを搭載するSUVとスポーツカーを融合したモデルだ。

さらに、スーパーGTのフラグシップモデル「DBS スーパーレッジェーラ」のコンバーチブルモデル「DBS スーパーレッジェーラ・ヴォランテ」を展示。

5.2リッターV12ツインターボエンジンのパワースペックは、最高出力725PS、最大トルク900Nmを発生し、0-100km/h加速3.6秒、最高速340km/hを実現。

関連情報
https://www.astonmartin.com/ja

メルセデス・ベンツ

メルセデスAMG「GT3」

2014年に初めて公式出展して以来、すっかり「東京オートサロン」の常連となっているメルセデス・ベンツは、スポーティモデルブランドの「メルセデスAMG」と電動化モデルを総称した「EQブランド」の2本柱で展開。

そんな中でも、メルセデスAMGの「CLA 45 S 4MATIC+」や「A 45 S 4MATIC+ Edition 1」さらに「A 35 4MATIC Edition 1」といった、コンパクトスポーツモデルが輝いていたのが印象深い。

メルセデスAMG「CLA 45 S 4MATIC+」

メルセデスAMG「A 45 S 4MATIC+ Edition 1」

関連情報
https://www.mercedes-benz.co.jp/

ボルボ

そして、なんと!ボルボが「東京オートサロン」に初出展。ボルボといえば、“安全性”にこだわったメーカーだけにイメージにギャップのある方もいるかも知れないが、今回出品の「Polestar Engineered」は、ポールスターがチューニングする世界でも大人気のハイパフォーマンスモデル。

実際、昨年の11月に日本で発表された特別限定車の「S60 T8 Polestar Engineered」が、発売初日に即完売となったほどなのだ。その第2弾となる「S60 T8 Polestar Engineered」に加え、今年の夏頃に追加導入予定の「XC60 T8 Polestar Engineered」を参考出品した。

よりアグレッシブな印象を演出する「エクステリア・スタイリング・キット」と、専用の鍛造20インチホイールを装着した「S60 T8 Polestar Engineered」

写真の「XC60 T8 Polestar Engineered」のほか、「V60 T8 Polestar Engineered」も今年の夏頃に導入予定だとか

関連情報
https://www.volvocars.com/jp

ルノー

さてルノーのブースでは、昨年4月にニュルブルクリンクサーキット北コースを7分40秒100の量産FF車最速記録を更新したモデル「メガーヌ R.S. トロフィーR」を日本初披露。

このモデルは、後席をなくし4輪操舵システム「4コントロール」をレス化するなど徹底的な軽量化(−130kgほど)を施したスペシャル仕様。

世界で限定500台が生産され、そのなかでもさらに特別な「カーボン・セラミックパック」は30台のみとなる。日本には、47台が導入予定で、そのうち「カーボン・セラミックパック」は4台のみという貴重なモデルとなる。

関連情報
https://www.renault.jp/

ロータス

熱狂的なファンも多い英国のライトウェイトスポーツメーカーのロータス。そのブースでは、今年2月に販売を予定している特別仕様車の「エキシージ・スポーツ350GPエディション」を初披露。

20台のみという特別仕様車は、1970年代のF1で活躍したチームロータスのカラーリングにインスパイア。光沢のあるブラックのボディにメタリックゴールドのラインが特徴となっている。

さらにブースでは、鮮やかなスカイブルーの特別色を纏った「ELISE SPORT 220」や、2020年シーズンの参戦も表明したSUPER GT車両「SGT-EVORA」も展示。

写真奥が、特別仕様車の「エキシージ・スポーツ350GPエディション」で、写真手前が「ELISE SPORT 220」

関連情報
http://www.lotus-cars.jp/

マクラーレン

そして、あのF1のコンストラクターとして名高いマクラーレンのロードカーを販売する世界屈指のスーパースポーツ・ブランド「マクラーレン・オートモーティブ」も「東京オートサロン」に初出展。

実は、同ブランドの日本での販売が好調で、2019年の販売台数は300台越えと前年比159%を記録。その好調ぶりも今回の出展につながったのだろうか。ブースでは昨年5月に発表されたばかりの「マクラーレンGT」と、フラッグシップである「マクラーレン720Sスパイダー」の2台を展示。

関連情報
https://cars.mclaren.com/jp-ja

シボレー

今回、輸入車メーカーのブースのなかで最も注目を浴びていたクルマが、新型シボレー「コルベット」だ。この日本初披露となる8代目は、ブランド史上初となるミッドシップエンジンレイアウトやそれに伴うエクステリアの大幅な進化、さらに日本仕様の右ハンドル化など抜群の注目度。

会場では、シボレーブースへの入場は事前申し込みをした来場者のみに制限するなど、多くの人を魅了していた。同時に、フロントデザインを刷新した2020年の改良型シボレー「カマロ」も展示されていた。

展示車は、米国仕様の左ハンドル、ボディカラー“Zeus Bronze Metallic”の新型シボレー「コルベット」

関連情報
https://www.chevroletjapan.com/

まとめ

さて、「東京オートサロン2020」について、Part.1よりPart.3まで国産自動車メーカーと輸入車メーカーの気になるクルマたちをピックアップしてきたが、いかがだっただろうか。

本当なら、パーツメーカーやチューニングショップなど、まだまだたくさんのクルマや商品、技術などがあるのだが、今回のイベントで出展されたクルマの数だけで約800台もあり、とても紹介しきれない。

また、今回出展した自動車メーカーもトヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スバル、三菱、スズキ、ダイハツの8社の国産に加え、輸入車からは、メルセデス・ベンツ、ルノー、ロータス、アストンマーティン、さらに初出展となるマクラーレンとボルボ、ゼネラルモーターズ(シボレー)と合計15社となり前回よりも増えている。

この好調な盛り上がりぶりで、次回の「東京オートサロン」もとても楽しみだ。

なお最後は、今回の「東京オートサロン2020」に華を添えてくれたコンパニオンたちの写真で終わりにしよう。

「ワイルド・スピード」

「NITTO」

「日産」

「Datasystem」

「ings」

「CUSCO」

「M'z SPEED」

「TOYO TIRES」

「ADVICS・M's Collection・C-WEST」

「TRD/モデリスタ」

「TRD/モデリスタ」

「TRD/モデリスタ」

「ホシノインパル」ブースでレジェンドの星野一義氏と

「ROHANA」

「WELLPINE MOTORSPORT powered by MARUTOKU」

関連情報
https://www.tokyoautosalon.jp/2020/

関連記事

【東京オートサロン2020レポート Part.1】

GRヤリス、レヴォーグ プロトタイプ STI Sport、スイフトスポーツ カタナエディション、東京オートサロン2020で話題を集めたモデル大集合
https://dime.jp/genre/847217/

【東京オートサロン2020レポート Part.2】

NSX-GT、シビック タイプRほか話題のクルマがずらり!東京オートサロンで最も熱気を感じた「HONDA/無限」ブース
https://dime.jp/genre/848869/

取材・文・撮影/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。